終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅(11)

終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅(11)

これは、もう一つの『終わりのセラフ』。世界が破滅する“直前”の抗いの物語ーー。 15歳の一瀬グレンは、呪術師養成学校・第一渋谷高校に入学する。そこで待っていたのは、圧倒的規模の呪術組織『帝ノ鬼』を率いる柊家からの抑圧、そして、幼き日に想いを寄せ合った少女との再会であったーー運命に抗う“学園呪術ファンタジー”、始動!!真昼と柊家の全面戦争がついに始まる。世界を救うためにグレン達が選択したのは「柊を裏切り真昼に協力すること」だった。そして、破滅を前にして他にも運命が動き出した者達がいた。それは“天音優一郎”“柊シノア”という少年少女でーーー《破滅》へ向かう物語、“最終章”始動

タイトル
終わりのセラフ 一瀬グレン、16歳の破滅(11)
作者
浅見 よう
レーベル
講談社コミックス月刊マガジン
発売日
2021-08-04
分類
青年コミック
SIBN10
4065241359
SIBN13
9784065241356