「折りたたみスマホ」はいらないけど、「折りたたみタブレット」は欲しい。

スマートフォン・アクセサリ




先日、SamsungからGalaxy Fold、HuaweiからMate X、そしてOPPOからも「折りたたみスマホ」の発表があった。

ディスプレイを折りたたむという技術に驚きだが、その値段にも驚く。

Galaxy Foldが約22万円Mate Xに至っては約29万円というベラボウな価格だ。

新しい技術満載で価格が高くなるのは理解できるが、iPhone XSの112,800円「あれ?結構安いんじゃね?」と思えてくるレベルだ。

 

個人的には「折りたたみスマホ」には全くと言っていいほど興味が無い。

なぜなら、折りたたんだところでデカイし、厚みが増すからだ。

ポケットに気軽に入れて持ち運べるなら良いが、「Galaxy Fold」「Mate X」は折りたたんだところで、そこまでコンパクトにはならないようだ。

そもそも20万超えのスマホを尻ポケットに入れるの怖いし。

「それじゃぁポケットじゃなくてバックに入れる」と言うなら、「折り畳まなくても良くない?」と思ってしまう。

実際、iPad miniとか8インチ程度のタブレットなら小さめのバックでも入るしね。

 

そんな否定ばっかりしている中、ふと気がついた。

『折りたたみスマホ』じゃなくて『折りたたみタブレット』なんじゃね?」って。

するとあら不思議、否定ばっかりだった発想が逆転。

8インチのタブレットが、折りたたんで6インチ程度になると考えると「持ち運びに便利!」と思える。

多少厚み、重みがあっても「タブレットだしね」と納得できる。

人間、見方を変えてみると、こうも変わるのかと。

 

よくよく考えてみれば、「7インチ〜8インチのものを折りたたんでる」のだから、やっぱり「折りたたみタブレット」の方が良いんじゃないか?

そもそもね、「折りたたみスマホ」を名乗るなら、6インチくらいのスマホを折りたたんで4インチクラスの大きさにしてもらいたい。

折りたたみガラケーのイメージで。

21:9比率のXperia 10とか、長細いスマホを縦に折りたたみできるようにすれば、ポケットにも入りやすくなるだろうし。

ちなみにXperia 10のサイズは156 mm x 68 mm x 8.4 mm。

これを縦に折りたたむと、単純計算で78mm x 68 mm x 10.8mm。

厚みが気になるものの、かなりコンパクトになるので、ポケットに入れやすそう!

 

 

ベゼルレスのスマホが出てきた時にも散々言っていたんだけど、

「この技術でディスプレイが大きく取れる!」→「本体サイズそのままでディスプレイを大きくしよう!」じゃなくて

「この技術でディスプレイが大きく取れる!」→「ディスプレイサイズをそのままに、本体サイズを小さくしよう」という発想にはならんのかね。

「折りたたみができる!」→「大きいディスプレイを折りたたもう!」じゃなくて

「折りたたみができる!」→「現状の巨大スマホを小さくコンパクトしよう!」という発想ね。

デカイものをさらにデカくしてどうすんのさ…。

 

とはいえ、自分が思いつくような事を世界的企業が思いつかないはずは無い。

それでも商品化しないってことは…まぁそういう事だよなぁ。

折りたたみの技術がそれなりに普及して熟れて来たら、そういう商品が出ることを切に願う。

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

ウェブデザイナー
男 1983年生まれ
”コンパクトなデバイス”、”マンガ”、”メガネ”をこよなく愛する。
イラストの肩に乗ってるのはめそ…じゃなくてペットのフェレット2匹。