藤崎竜の「封神演義外伝」コミックが発売!「複製原画」プレゼントも

マンガ・アニメ




「封神演義」は藤崎竜が少年ジャンプにて1996年〜2000年まで連載していた漫画。

発行部数は累計2200万部と大人気漫画だ。

この作品からオタクの道に入った人は沢山いることだろう。

 

その藤崎竜「封神演義」のコミックが18年ぶりに発売された。

発売されたのは「封神演義外伝〜仙界導書〜」「封神演義 導(しるべ)なき道へ」の2種類。

封神演義が18年ぶりの新刊!しかも2種類

封神演義外伝

内容は、本編と同じく太公望が主人公。

本編で女媧を倒した後の話になっている。

 

絵柄は連載後半の頃と殆ど変わっていなく、違和感は全く感じない。

当時の絵のタッチで人気キャラが勢揃いするので、とても懐かしい気持ちになれる。

ただ、全員出るわけではないので注意。

ちなみに私の押しキャラ「聞仲」は登場しなかった…。

 

また、巻末の「仙界導書」は非常に見応えあり

「完全版キャラクター紹介」56ページと大ボリューム。

人気キャラはもちろん、「こんなキャラもいたかなぁ」と思い出せないようなキャラまで解説されている。

 

「エピソード紹介」ではざっくりとしたストーリーの流れが紹介されている。ここを読むと、本編を読み返したくなる。

 

そして「カバーイラストコレクション」ジャンプコミックス全23巻と、完全版18巻のカバー用原画イラストフルカラーで掲載されている。

特に完全版の表紙のクオリティは素晴らしいので、この巻末カラーだけでも買う価値はある。

「封神演義 導(しるべ)なき道へ」

こちらは小説となっている。

内容は「封神演義」のスピンオフで、最強の道師 「申公豹」を主軸とした話。

また、人気キャラの「普賢真人」「聞仲」「趙公明」「黄天下」も登場。

 

そして巻頭のカラーポスターも非常にかっこいい!

特に「伏犠」と「申公豹」のツーショット。

藤崎竜のイラストが好きな人は、これだけでご飯3杯は行ける。

封神演義「スペシャル複製原画」プレゼント企画

封神演義の「スペシャル複製原画」抽選で200名に当たる。

上記2種類を購入し、両巻の帯についている応募券で応募可能。

応募締切は2018年8月20日と、発売日から一ヶ月しか猶予がない。

欲しい人は、忘れないうちに応募しよう。

 

まとめ

藤崎竜の「封神演義外伝〜仙界導書〜」「封神演義 導(しるべ)なき道へ」を紹介した。

連載終了から18年も経っているので、とても懐かしい。

(ちなみに最近アニメも放送していたが、あまりの酷評に見ていない。)

ファンなら買って損のない仕上がりになっている。

 

ご察しの通り、これを読むと本編を読み返したくなる。

封神演義は実家の納戸にしまってあるので、それを取りに行こうか、表紙がかっこいい完全版を買ってしまうか。

悩みどころだ。