Amazonプライム値上げにより、Amazonゴールドカードを作った方がお得になる。

ニュース・噂




突如Amazonプライムが値上げになり話題になっている。

従来の年会費3900円から4900円と、年間1000円の値上げだ。

Amazonプライムは特典が相当多くて激安なので、1000円上がった所で「解約」する人はそこまで多くはなさそうだが。

 

ちなみに私はAmazonゴールドカードを使っていて、特典としてAmazonプライムが含まれているので、値上げの影響は無い。

むしろ値上げによって、非常にお得なカードとなった。

 

そんな訳で、今回はタイトル通り「Amazonプライム値上げにより、Amazonゴールドカードを作った方がお得になる。」という話。

AmazonゴールドカードでAmazonプライムがお得に使える

Amazonゴールドカードとは

正式名称は「Amazon Mastercardゴールド」

三井住友カード株式会社が発行するマスターカードになる。

年会費 10,800円(税込み) ※手続きにより年会費最大6,480円割引(税込)

 

Amazonゴールドカードの主な特典

  • Amazonのショッピングで、2.5%還元。(Amazon以外は1%還元)
  • 全国主要空港ラウンジサービスが受けられる
  • Amazonプライム特典が使い放題

 

Amazonゴールドカードにすると、なんでAmazonプライムがお得になる?

Amazonゴールドカードは年会費 10,800円かかる。

しかし「マイ・ペイすリボ」と「WEB明細書サービス」を登録することによって、年会費6,480円割引になる。

すると年会費は4,320円。

 

そしてAmazonゴールドカード所有者にはAmazonプライム特典も付いてくる

すると年会費4,320円でAmazonプライムが使える計算になる。

Amazonプライムは値上げされて年会費4,900円となったので、Amazonプライムをそのまま契約するよりも年間580円お得となる。

Amazonゴールドカード年会費10,800円
「マイ・ペイすリボ」登録割引-5,400円
「Web明細書サービス」登録割引-1,080円
Amazonプライム年会費-4,900円
実質年会費 -580円

上記加えAmazonゴールドカードのAmazonでのショッピングで2.5%還元や、空港ラウンジサービスが受けられる特典も付いてくる。

感覚的には「Amazonゴールドカードを作れば、Amazonプライムが年間4,320円で使えて、ゴールドカードの特典も受けられる」というイメージ。

 

Amazonプライムの契約・継続を検討している人は、Amazonゴールドカードも検討する価値は大いにあると思う。

 

注意点

「そんな美味しい話ある?なにか落とし穴あるんじゃないの?」なんて思う人もいると思う。

確かにちょっとした落とし穴はあるので、以下の点に注意しよう。

「WEB明細書サービス」の割引は2年目から

「WEB明細書サービス」を登録すると年会費1,080円(税込み)が割引になるが、これは2年目からとなる。

1年目はこの割引が効かないので注意。

また、「WEB明細書サービス」の割引には【年間の請求が6回以上】という条件があるのも注意。

Amazon、Amazon以外の買い物で年間6回以上使うようにしなければならない。

私は普段の買い物をAmazonゴールドカードで支払っているので、一ヶ月で6回以上は使うので全く問題なかった。

あまり使う機会がない人は、光熱費や通信費など、毎月発生する料金を設定しておくと安心。

 

「マイ・ペイすリボ」の設定金額を変更しておこう

「マイ・ペイすリボ」を登録すると、年会費5,400円(税込み)割引となる。

「マイ・ペイすリボ」とは、毎月のお支払金額を自分で決められる支払い方法。

いわゆる「リボ払い」だ。

「リボ払い」は金利がべらぼうに高いことで知られている。

ただ、設定金額を金額を大きくすれば、実質的に1回払いとなり、金利は発生しない。

私は一回の支払額=利用限度額にしている。

こうすればいくら使っても、一回払いとなる。

お得に使えるAmazonゴールドカードも、大きな金利を支払うようであれば意味がない。

「マイ・ペイすリボ」の設定は必ずしよう。

申し込みページのカスタマレビューに具体的な方法や、間違って設定してしまった人の書き込みがあるので、一度目を通してみると良いかも。

 

ゴールドカードなので、審査が厳しめ

Amazonゴールドカードは三井住友カードから発行されるゴールドカード。

そのため、誰もが入れるわけではなく、審査が少々厳しいようだ。

年収がそこまで高くない私(同世代平均年収以下)でも通ったので、年収はそこまで重視されていなそうだが…。

これまでクレジットカードで支払いを滞ったり、ローンなどの借り入れ状況などよっては審査が通らない可能性がある。

 

Amazonプライムの特典に惹かれて、Amazonゴールドカードを作るのは大いにありだと思うが、以上の注意点には気をつけよう。

作った時に設定が少し面倒だが、Amazonゴールドカードにはその価値はある!