TVで紹介された「ミット付きスチームクリーナー」がとても良さそう!

レビュー・感想




2018年10月8日に「有吉ゼミ」で紹介されたミット付きスチームクリーナー

BLACK+DECKER(ブラックアンドデッカー)の「SteaMitt(スチーミット) FSH105M」

スチームが出るシリコン製の手袋で、キッチン周りの掃除がラクラク出来るらしい。

ちょうどスチームクリーナーの購入を考えていて、非常に気になったので調べてみた。

 

BLACK+DECKER の「SteaMitt(スチーミット) FSH105M」

発売メーカーについて

発売元はBLACK+DECKER(ブラックアンドデッカー)。

DIYにつかう”電動工具”や”家電”を主に扱っているアメリカのメーカーだ。

家電は掃除機やキッチン・お風呂などの掃除用家電が主力。

 

ハンディースチームクリーナー「SteaMitt(スチーミット)」について

「SteaMitt(スチーミット)」は、今までになかった、手にはめるミットタイプのハンディースチームクリーナー。

身の回りのテーブルやキッチン周りをフキンで拭くように、簡単に掃除・除菌が可能。

キッチンの油汚れなんかも、スチームで浮かせてあっという間にきれいに。

 

手につけるミットはシリコン製で、そこからスチームが出てくる。

曲面や凸凹の場所も掃除しやすいのが特徴。

もちろん手が熱くなる事もない。

 

小さいお子さんがいる家庭で、テーブルやおもちゃを殺菌したい人にも最適だ(もちろん水に弱いおもちゃはNG)。

メリット

起動時間が15秒と待ち時間が非常に短く、さっと使える。思いついたときにすぐ掃除できるのは大きいメリット。

手を使っての掃除なので、曲面や側面、背面なども掃除しやすい。

ミットにつける交換式のマイクロファイバーが、浮かせた汚れを同時に拭けるので効率がとても良い。

価格が14,800円とリーズナブル。Amazonや楽天市場を観てみると、もう少し安く買えそうだ。

Amazonの評価より抜粋

・準備、持ち運びが楽

・家の中で使うにはホースの長さがちょうどいい。

・手で掃除ができるので、汚れている場所を集中的に落とせる。

・片付けが楽

デメリット

スチームがミットから出てくるので、高気圧はかからない。窓のサッシの掃除は向いていなそう。

パッド部分は取り外せて洗えるが、消耗品なので汚れが落ちなくなったら買い替えが必要

スチーム用のタンクが小さいので、床全面などの広いスペースには不向き。

Amazonの評価より抜粋

・手の小さい人にはグローブがはめにくい

・スチームの水が少ない(でも継ぎ足してもほとんど時間がかからない)

・凹んでいるところや角は拭けない(オプション品で対応可能)

・グローブ自体が洗えない

SteaMittスペック

 

電源 AC 100V 50/60Hz
消費電力 1000W
給水タンク容量 100ml
本体重量 約1.66kg
本体サイズ(本体のみ) 奥行き260mm×横幅120mm×高さ160mm
付属品 ミット、ホース、マイクロファイバーパット2枚
定価 14,800円+税

 

まとめ

正直、手にはめるスチームクリーナーがあるとは思っていなかった。

汚れを浮かすのと同時に拭けるので、手間が減るのが非常に画期的。

キッチン周りをキレイにしておきたいので、これはかなり気になる商品だ。

 

ただ、唯一「高圧洗浄」出来ないと言うのが引っかかっていて、ポチがまだ出来ない。

「一台でいろいろなところを掃除したい」と思っている人には、使える場所が限定されすぎかも。

小さいお子さんがいて、「掃除・殺菌用に欲しい」と思っているお母さんには最適だろう。