NUROの0SIMって結局どうなの?使えるの?

スマートフォン・アクセサリ




以前、話題になった0SIM。

今年の1月に雑誌の付録として登場。

なんと500MBまで0円で運用できる夢のようなSIMと言うことで話題になり

雑誌は瞬く間に売れきれた。

そんな0SIMを使い一年が経とうとしている。

今回はその夢のような0SIMの話。

0SIMの理想的な使い方

0SIMは500MBまでが0円、それ以上だと従量制での課金になる。

逆を言えば、500MB以下だったら0円なのだ。

なので、普段使いしているスマホには向かない。

500MBくらいすぐにオーバーしてしまうからだ。

0SIMは0円で使ってなんぼ。

それ以上使うなら、他のSIMの方が使い勝手が良い。

 

オススメなのは、あまり外に持ち出すことが少ないタブレット端末で使うこと。

基本的には家でwifiを使い、ごくごくたまに外で使う。

そんな端末に使うといい。

ちなみに私はiPad mini4 cellularで使っている。

 

…使っているのだが、正直、解約しようかと思っている。

”0円なのに”だ。

 

0SIMの決定的な弱点

それは回線速度があまりにも遅すぎる事。

MVNOでありがちな、お昼休み時間とか、通勤時間に遅くなる、

そんなレベルじゃない。

Googleのトップページですら開くのに時間がかかり、タイムアウトする。

両方共、平日の夜中1時に計測した。

Googleのトップページはタイムアウト。

SPEED TESTの接続には何度やっても失敗。

通信をしているのか、していないのか分からない。

 

設定が間違っているのではないかと、使用状況を見てみると、今月は数MBの通信をしていたので、ちゃんと通信はできていた。

通信速度がそこまで必要としないTwitter、Lineくらいはと思ったが、それらもダメ。

0円だからと言えど、流石にこのスピードでは使えるうちに入らないと思う。

 

ちなみに、解約するとSIMを返却しなくてはならない

返さないと3,000円請求されてしまう。

また、通信を3ヶ月しないと自動解約になってしまうので、いつの間にか解約されてて、3,000円請求されてたなんてことにもなり得る。

 

そんな事にならないうちに、自分から解約してSIMを返却しようと思っている。

せめて…せめてLineくらいできる通信速度は出てくれれば使い続けたいんだけど。

まとめ

新規で契約しようとしている人は、通信速度が改善されたのを確認してからの方がいい。

使う場所や時間帯によってまた違ってくるはず。

少なくとも、現状の私の状況下だとオススメはしづらい。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

ウェブデザイナー
男 1983年生まれ
”コンパクトなデバイス”、”マンガ”、”メガネ”をこよなく愛する。
イラストの肩に乗ってるのはめそ…じゃなくてペットのフェレット2匹。