新型iPad(第6世代)発表!Apple Pencilに対応。iPhoneSE2、新型MacbookAirは発表なし。

スマートフォン・アクセサリ




『「Apple Pencil」を使ってみたいけど「iPad Pro」は高いからなぁ。』なんて考えていた人に朗報。

 

2018年3月27日にサンフランシスコでAppleが新しいiPadを発表した。

今回は新しく発表されたiPad(第6世代)の紹介をする。

 iPad(第6世代)

第5世代からの変更点

今回発表されたのはiPad(第6世代)

第5世代からの変更点は大きく2つ。

1.Apple Pencilに対応

第6世代となる新型「iPad」は、今まで上位機種の「iPad Pro」しか対応していなかった「Apple Pencil(アップルペンシル)」に対応した。

Apple PencilはiPad上でメモしたり、イラストを描いたりするペン。

Apple Pencilは反応・追随性能・筆圧感知などが、かなり高いレベルになっており、紙にペンで書くのとほとんど変わらない感覚で書くことが出来る。

iPad用のPhotoshopやクリスタなど、写真加工やイラストに特化したアプリに対応している。

そのそのため、イラストやデザイン関係の人に絶賛され、重宝されている。

 

2.プロセッサをアップグレード

プロセッサを「A9」から「A10 Fusion」にアップグレード。

「iPhone6s」から「iPhone7」相当になった形になる。

 

ネットを観るくらいだったら実感できないだろうが、

4Kビデオを編集したり、グラフィックスを駆使したゲームをプレイするなど、重い処理の時に違いが出てくる。

 

第5世代からの変更がない点

デザイン・サイズ・重さなど

見た目、重さは全く一緒となっている。

容量・価格

容量は32GBと128GBの二種類。

価格は第5世代と変わらず。

Wi-Fiモデル

32GB 37,800円(税別)

128GB 48,800円(税別)

Wi-Fi + cellularモデル

32GB 52,800円(税別)

128GB 63,800円(税別)

 

iPad以外に噂されていた「iPhoneSE2」や「MacbookAir」は?

3月27日にAppleの発表会があると分かった時に、噂さが色々と溢れていた。

その中でもよく話題に出ていたのが「iPhoneSE2」新型「MacbookAir」だ。

 

今回の発表会では残念ながら、両方共発表されなかった。

次の発表会に期待したい。

まとめ

今まで「Apple Pencil」を使えるiPad Proは一番安くても69,800円(税別)という価格だった。

それが37,800円(税別)から買えるようになったので、「Apple Pencil」を使ってみたかった人にオススメ。

 

容量やサイズ重さなどは、第5世代から変更なし。

同じく価格も変更なしとなっている。

 

第6世代「iPad」は順当なスペックアップとなった。

また、噂されていた新型「Macbook Air」や新型「iPhoneSE」は、残念ながら今回は発表されなかった




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

ウェブデザイナー
男 1983年生まれ
”コンパクトなデバイス”、”マンガ”、”メガネ”をこよなく愛する。
イラストの肩に乗ってるのはめそ…じゃなくてペットのフェレット2匹。