「Googleドライブ」アプリは5月12日で終了。「バックアップと同期」へ。

Mac




「Googleドライブが終了する。」

このニュースをみてゾクっとした人は多いと思う。

でも安心して欲しい。

実際には、「Googleドライブ」というPCアプリが終了し、さらにパワーアップした「バックアップと同期」と言うPCアプリが使える。

 

「Googleドライブ」と言うサービスが終わる訳ではないので安心しよう。

今後も「Googleドライブ」というサービスは引き続き使える。

はー、紛らわしい。

今回はGoogle新アプリ「バックアップと同期」を紹介する。

Google新アプリ「バックアップと同期」

「Googleドライブ」から、新サービス「バックアップと同期」になり、何が変わるのか。

簡単に言えば「Googleドライブ」と「Googleフォト」が一緒になったアプリが「バックアップと同期」アプリ

基本的な使い方は変わらないし、移行もアプリを上書きするだけで完了する。

アプリをダウンロードしてインストールするだけなので、PCで「Googleドライブ」を使っている人は、時間のある時に済ませてしまおう。

 

GoogleドライブとGoogleフォトのアイコンが追加されている

新機能

主な追加機能としては3つ。

  1. Googleドライブに同期したいフォルダが選べる。
  2. Googleドキュメント同様WordファイルやExcelファイルの編集が可能。
  3. Googleフォトは写真画質を「高画質」の設定にすれば無料プランでも容量無制限で使える。

同期したいフォルダを選べるのは、とても便利。

今までは同期したいファイルを、同期しているフォルダに入れなくてはならなかったが、

今後は、他のフォルダでもOKなのだ。

この機能便利だから、Dropboxにも欲しいなぁ。

同期したいフォルダを追加できる

 

ワード編集画面

エクセル編集画面

「バックアップと同期」って名前がね…

「バックアップと同期」ってアプリの名前、どうなのよ。

OS標準の機能っぽい名前で分かりにくくて嫌。

Appleの「iCloud」のような、しっかりとした名前を付けてほしいなぁ。

人に説明する時に、アプリの名前だと分かってもらえなそう。

まとめ

「Gooleドライブ」自体のサービスは終わらない。

PCアプリの「Googleドライブ」が使えなくなり、機能が追加された「バックアップと同期」というアプリになる。

現在、PCで「Googleドライブ」アプリを使っている人は、「バックアップと同期」アプリを上書きするだけで完了する。

忘れないうちに移行作業をしておこう。