2018年新型iPhone用ディスプレイの写真がリークされる

レビュー・感想




「iPhone X」 6.1インチ 液晶モデルのディスプレイとされる画像をリークした。

リーク元はTwitterで@laobaiTDがツイートしたもの。

ちなみに@laobaiTDはこれまでに色々とリークしている。

情報サイトiPhone Maniaによると「海外メディアBGRは、リーク写真を投稿した「Mr. White」氏について、過去に正確なリーク情報を提供した実績があることを強調しています。」としている。

 

2018年新型iPhone用ディスプレイの写真がリークされる

「iPhone X 6.1インチ」の情報は何度か出てきているが、このように写真として流出するのは私の知る限りでは初めてだ。

 

予想される3種類のiPhone

予想される2018年の新型iPhoneは3種類

  • 現在と同じ5.8インチの「iPhoneX」
  • 更に大型になった6.5インチの「iPhoneX Plus」
  • 有機ELではなく液晶を使った廉価版の6.1インチモデル

6.1インチモデルは6.0インチだという情報もある。

 

「iPhoneX」で使われている有機ELディスプレイは、コントラストが高く消費電力も少ない。

液晶ディスプレイよりも優れたディスプレイだ。

 

液晶ディスプレイの良いところは、有機ELディスプレイよりも安くなることだ。

液晶と有機ELディスプレイだと約2万円くらい変わってくるという情報もある。

 

個人的には以前紹介したLG製の液晶ディスプレイが搭載されるなら、安いほうがいいと思う。

正直、有機ELは液晶が焼き付きやすいので、あまり好きではない。

「iPhoneX」はもちろん焼付きの対策はされているし、液晶も焼き付かないわけではないけど。

心配性なせいか、それでも不安が拭えない自分がいる。

 

まとめ

次期のiPhoneとされる3種類のうち1つ、「iPhoneX」6.1インチ液晶モデルのディスプレイ流出画像を紹介した。

 

このモデルは来月の「WWDC18」ではなく、例年iPhoneが発表される9月〜10月頃に発表されると予想されている。

まずは目先の「WWDC18」で何が発表されるのか。

楽しみで仕方ない。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

ウェブデザイナー
男 1983年生まれ
”コンパクトなデバイス”、”マンガ”、”メガネ”をこよなく愛する。
イラストの肩に乗ってるのはめそ…じゃなくてペットのフェレット2匹。