新型6インチiPhoneはLGの新型液晶搭載か

レビュー・感想




先日2018年iPhoneで6.5インチと6インチが新たにラインナップに加わるかも、とお伝えした。

その6インチiPhoneに新たな噂が。

 

この記事では6.5インチは有機EL、廉価版の6インチは液晶ディスプレイと伝えたが、

6インチは新しい液晶ディスプレイが採用されるかも、と報じられた。

 

リーク元はPatently Apple

この記事によると新しい6インチiPhoneは、LGが開発した「MLCD+ディスプレイ」を使うとの事。

今回は6インチiPhoneに搭載されるかもしれないLGの「MLCD+ディスプレイ」について。

廉価版とは言えない?新型iPhoneはLGの新型液晶を搭載か

LGの新型液晶とは

LGはテレビやモニター、デジタルサイネージなど映像関係に強いメーカーだ。

スマートフォンも出していて、docomoのV30+やジョジョスマホ、auのisai V30+がLGの製品となっている。

そのLGが開発した新型の液晶ディスプレイ「MLDC+ディスプレイ」。

この「MLDC+ディスプレイ」のメリットは明るさが50%アップ。

直射日光の下でも見づらくならない1000nitという輝度。

そして、そんなに明るいのに消費電力が少ない。

消費電力は通常の液晶画面の65%程度となっている。

「MLDC+ディスプレイ」の構造

通常、液晶画面は”光の三原色”のRGB(赤、緑、青)ですべての色を表現している。

「MLDC+ディスプレイ」ではRGBにW(白)を加えているので、RGBWの4色となっている。

この白 おかげで、従来のRGBよりも見やすい白を表現して、さらに電力も節電、輝度もあげられるようになっている。

ANDROID AUTHORITYより抜粋

ANDROID AUTHORITYより抜粋

 

「MLDC+ディスプレイ」をすでに使っているスマホ

実はすでに「MLDC+ディスプレイ」を使っているスマホがある。

5月9日にLGが海外で発表した「LG G7 ThinQ」だ。

「LG G7 ThinQ」では「MLDC+ディスプレイ」の事を「スーパーブライトディスプレイ」と呼んでいる。

 

レビューを見てみると、屋外でもかなり見やすいことが分かる。

この液晶であれば、有機ELに見劣りしないレベルになるんじゃないか?

 

ちなみにこの「LGの G7 ThinQ」の発売地域は韓国・北米・欧州・中南米・アジアの主要市場となっていて、残念ながら日本での発売は今のところ決まっていない。

 

まとめ

新型6インチiPhoneに搭載されるかもしれない、LGの新型液晶を紹介した。

有機ELは明るく色の表現も鮮やかなので、写真を表示すると本当にキレイでびっくりする。

だが、今回紹介した「MLCD+ディスプレイ」なら、有機ELに勝らずとも劣らない物になるんじゃないか?

それで価格が抑えられるなら、嬉しい限りだ。

 

出来ることならiPhoneSE2にも搭載して!

新型iPhoneの発表を楽しみに待ちたい。