Appleが「WWDC 2019」で発表した、新しい「7つ」のものを紹介。

ニュース・噂




Appleは「WWDC 2019(Worldwide Developers Conference)」を6月3日(日本時間6月4日)から開催している。

その中のキーノートで発表された、新しい「7つ」のものを紹介する。

 

Apple TV用OS「tvOS 13」

Apple TVの新しいOS、「tvOS13」が発表された。

新機能

  • 画面上でフルスクリーンのビデオプレビューが再生可能に
  • マルチユーザーをサポート。家族間での切り替えが簡単に
  • Apple Arcadeに対応(Apple TV 4K)
  • PlayStation 4とXboxOneのコントローラーに対応
  • Apple Musicと連携。音楽と歌詞が連携して表示されるように

 

iPhone用OS「iOS 13」

iPhone、iPod touchの新しいOS、「iOS 13」が発表された。

新機能

  • ダークモードに対応
  • 顔認証のFace IDが30%高速化
  • App Storeの初回インストールの容量を50%、アップデートの時は60%小型化
  • アプリの起動速度が2倍高速化
  • いままでiPadのみ対応だった指三本で「もとに戻す」「やり直す」のジェスチャーに対応
  • 好きなフォントをApp Storeからダウンロード可能
  • Siriがさらに自然なイントネーションで話せるように

「iOS 13」に対応するのは「iPhone 6s」以降のiPhoneで、「iPhone SE」は対象に含まれる。

対象から外れたのは「iPhone 5s」「iPhone 6/6 Plus」。

また、iPadは新しく「iPadOS」になるので、「iOS13」には全て非対応となる。

 

iPad用OS「iPadOS」

iPad用のOS「iPadOS」が発表された。

これまでiPhoneと共通のOSだったiPadだが、iPadに特化したOSが採用となる。

新機能

  • ホーム画面が変更。「Today View」が追加でき、カレンダー・天気予報・写真などのウィジェットの配置が可能に
  • safari内で使えるキーボードのショートカットが多数追加
  • ダウンロードマネージャーが追加
  • マウスやMagic Trackpadが使用可能に
  • 外付けドライブ(USBドライブ、SDカードなど)が認識可能に
  • 同じアプリを2つのウィンドウで同時に開いて同期させながら作業が可能に(スプリットビュー)
  • 複数のアプリを並べて開ける(スライドオーバー)
  • 新しいジェスチャーが追加
  • Apple Pencilの機能向上

「iPadOS」に対応するのは「iPad Air2」以降、「iPad Pro」全モデル、「iPad(第5世代)」以降、「iPad mini 4」以降。

 

macOS Catalina

Macの新しいOS、「macOS Catarina(カタリナ)」が発表された。

新機能

  • iTunesが3つのアプリに分割(「ミュージック」「Podcast」「Apple TV」)
  • iPadをサブディスプレイとして使えるように(「Sidecar」)
  • 音声で入力や各種操作が利用可能(「Voice Control」)
  • T2セキュリティチップを搭載したMacはアクティベーションロックが可能に。「Find My」アプリで場所を特定も可能。
  • 「スクリーンタイム」が利用可能に
  • iPhone、iPadのアプリが利用可能に(「Project Catalyst」)

「macOS Catarina」に対応するのは「iMac」「MacBook Air」「MacBook Pro」「Mac mini」はいずれも2012年モデル以降、「iMac Pro」全モデル、「MacPro(2013)」以降、「Macbook(2015)」以降

 

Appel Watch用OS「watchOS6」

Apple Watchの新しいOS、「watchOS6」が発表された。

新機能

  • 新しい文字盤が追加
  • 振動で時間を通知
  • 「オーディオブック」「ボイスメモ」「電卓」などのアプリの追加
  • Apple WatchからApp Storeへ直接アクセスが可能に
  • 運動継続とした詳細データが得られる「Activity Trends」の追加
  • 周囲の騒音を計測
  • 女性用 月経周期アプリの追加

 

Mac Pro

Mac Proフルモデルチェンジされることが発表された。

アルミケースでG5を思わせるデザイン。

前面・背面に空いている無数の穴についてはネット上で「おろし金」と比喩されている。

集合体恐怖症の人には生理的不快を感じてしまうデザイン。

 

ベースとなるモデルは5,999ドルで、スペックは以下の通り。

  • 8コア Intel Xeon Wプロセッサ(3.5GHz、Turbo Boostで最大4.0GHz)
  • 32GBメモリ(8GB DIMMs x 4)
  • AMD Radeon Pro 580X グラフィックス
  • 256GB SSD ストレージ

カスタムで最大メモリ1.5TB、最大ストレージ2TB、2.5GHz 28コアのIntel Xeon Wプロセッサ、Radeon Pro Vega II GPUへのアップグレードが可能だが、価格は発表されていない。

 

Pro Display XDR

Apple純正の32インチ6Kディスプレイ

価格は4,999ドル。

背面がアルミで、Mac Proと同じく無数の穴が空いているデザイン。

  • 6,016 x 3384px 218ppi
  • P3ワイドカラー
  • 10bitリファレンスディスプレイ
  • 超広角の視野角
  • 非反射コーディング
  • 画面彩度 最大1600ニト
  • コントラスト比 1,000,000 : 1
  • エクストリームダイナミックレンジ(ハイダイナミックレンジを超えた)

Mac Pro は最大6台接続が可能。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

ウェブデザイナー
男 1983年生まれ
”コンパクトなデバイス”、”マンガ”、”メガネ”をこよなく愛する。
イラストの肩に乗ってるのはめそ…じゃなくてペットのフェレット2匹。