一部「iPhone7/7Plus」がiOS11.3アプデでマイクへの不具合。

日記・レビュー




一部の「iPhone7」「iPhone7Plus」がiOS11.3にアップデートすると、マイクが使えなくなるという不具合が発生しているようだ。

この件はAppleの内部資料が流出し、明らかになった。

 

今回はその不具合の症状・原因・対策を紹介する。

一部「iPhone7/7Plus」をiOS11.3にアップデートすると、スピーカーに不具合

不具合の症状

不具合はスピーカー周りに影響が出ている。

  • 通話中のスピーカーボタンが灰色になり操作ができなくなる
  • 通話中やFacetimeで音声が聞こえなくなる
  • ボイスメモや動画の音声が聞こえない  など。

 

原因

一部「iPhone7/7Plus」をiOS11.3にアップデートすると、マイクに不具合が起きる。

不具合がiOS11.3によるものなのか、OSの更新自体がハードウェアに影響を与えているのかはAppleが調査中。

 

対策

Appleが提示する解決方法として、Bluetoothヘッドホンやオーディオアクセサリを取り外して、iPhoneを再起動するという事。

これで問題が解決されない場合、修理の対象となる。

保証期間が切れてしまっていても、今回の不具合に関しては「無料修理の可能性」がある。

「無料修理」は条件次第となっており、確実に「無料修理」になる訳ではない。

 

「iPhone7/7Plus」ユーザーで、これからiOS11.3へアップデートするつもりの人は、

Appleからの対策案が出るまで、待ってみてもよいと思う。

 

まとめ

一部「iPhone7/7Plus」をiOS11.3にアップデートすると、スピーカーの不具合が出る可能性を紹介した。

マイクの不具合がでた人は、Apple Storか正規サービスプロバイダで見てもらおう。

 

気軽にApple Storeや正規サービスプロバイダに行けない人や、iPhoneを預けられない「iPhone7/7Plus」ユーザーも居ると思う。

そんな人はiOS11.3にアップデートをする前に不具合が出た時にどうするか考えてからアップデートしよう。