「え?たった 3,500円で古いiPhoneをワイヤレス充電に!?」「できらぁ!」

スマートフォン・アクセサリ




最近は珍しくなくなってきたワイヤレス充電。

iPhoneもiPhone8、iPhoneXワイヤレス充電に対応している。

 

私がメインで使っているGalaxy Note8もワイヤレス充電に対応していて、最後にケーブルを接続した時を覚えていない。

初めは「そんなに便利でもないな」と思っていたけど、慣れてしまったら「ケーブルで充電するのが非常に面倒」となってしまった。

 

そんな事で、「iPhoneSEをワイヤレス充電できないかな」と探してみたら、あった。

Antyeが発売しているケースで、iPhoneにワイヤレス充電できる機能付けられる。

対応機種はiPhone7/7PlusiPhone6s/6s PlusiPhone6/6Plus、ケースの種類は少し違うがiPhoneSE/5/5s用のものがそれぞれ発売されている。

今回はそれらのケースを紹介する。

たった3,500円で古いiPhoneにワイヤレス充電を追加できる

Antye ワイヤレス充電(Qi)機能付きiPhoneケース

紹介するのはAntyeが発売している「ワイヤレス充電(Qi)機能付きiPhoneケース」

構造は単純で、ケースの背面にワイヤレス充電用のコイルが入っている。

そこから電力を供給し、ケースの下部に付いているLightningケーブルでiPhoneに充電という仕組み。

そして構造が単純なだけに、ケースがかなり薄型になっているのも素晴らしい。

 

データの転送や有線充電をしたい場合は、ケースを外さなくても下部のLightningケーブルだけ外せばOKだ。

 

 

値段は対応機種によっても違うが、ワイヤレス充電器が付いてくるタイプで2,700円〜3,500円程度。

ワイヤレス充電機を別売りのものもあるが、800円安とかなので充電器も一緒の方が圧倒的にお得

(普通にワイヤレス充電器を買うと2,000円位)

 

ワイヤレス充電のメリット・デメリット

ワイヤレス充電はメリットもあるが、デメリットもある。

以前ワイヤレス充電の記事を書いたので、詳しくはこちらを読んでいただければいいが、簡潔に書くと

メリット

充電時にコードの先端を探さなくていい。

コードを刺さないので、コネクタの劣化を防げる。

置くだけというのは本当に楽。

デメリット

充電しながら操作できない

有線に比べ、充電が遅い

 

個人的には充電は寝る直前にするので、充電しながら操作しないし、充電時間が遅くても朝までに100%になっててくれればOKなので、デメリットは全く感じない。

まとめ

たった3,500円でiPhoneにワイヤレス充電機能が付けられるケースを紹介した。

ワイヤレス充電は慣れてしまうと、充電のためにケーブルを刺すという行為が無駄に思えてくる。

 

iPhone7、iPhone6s、iPhone6、iPhoneSEをしばらく使うつもりの人、そろそろケースを買い替えたい人。

これを機会にiPhoneをワイヤレス充電にしてみては?