Face ID搭載iPad、安いMacBook Air、大型Apple Watchが2018年内に登場か。Appleのアナリストが予想。

ニュース・噂




リサーチ会社TF International Securitiesに勤めているAppleのアナリスト、Ming-Chi Kuo(郭明池)氏がAppleの今後の製品と全体的な見通しに関する予想を発表した。

2018年内にFace ID搭載iPad新しいMacBook Air大型Apple Watchが発売。

2018年は3種類の新しいiPhoneが登場する。

2019年のiPhoneは画期的な技術革新がある。

などが予想されている。

Ming-Chi Kuo氏のAppleに関する予想 まとめ

2018年後半にリリースされる製品

  • Face IDが搭載された新しいiPad低価格新しいMacBook Air大型ディスプレイ搭載の新しいApple Watchが期待される。
  • 2018年は3種類の新しいiPhoneが登場する。第2世代iPhoneX、6.5インチのiPhoneX Plus、6.1インチの格安iPhoneX
  • 6.1インチiPhoneXは、第2世代iPhoneX、6.5インチのiPhoneX Plusよりも後に生産体制に入るが、iPhone3種類とも2018年9月発表され発売される。
  • 6.1インチiPhoneXはiPhoneXと同様の機能を備えている。アメリカでは古いiPhoneユーザーを囲い込むために600〜700ドル(約66,000円〜77,000円)のような格安な設定価格になる。

2019年にiPhoneは画期的な技術革新がある

  • 2019年のiPhoneには画期的な技術革新があるが、詳しいデザインや機能については今年の9月〜10月まで待つ必要がある。
  • 2019年に発売される新しいiPhoneは有機LEディスプレイモデルが、液晶ディスプレイモデルを上回ることが期待される。
  • iPhoneにトリプルレンズが搭載されれば、Appleのサプライチェーンのカメラ関連企業に大幅な利益をもたらすと予想。

Appleの今後の見通し

  • アメリカと中国の間の貿易問題の影響について「中国とアメリカの経済の両方で重要な役割を果たすので、Appleが直接影響を受けることはほとんどないと考えている。しかし、中国の消費者が反米感情のためにAppleの製品を購入しないかもしれない」
  • Appleにとって、ハイエンド市場ではAppleの本当のライバルはApple自身。買い替えの需要を高めるために消費者にアピールできる新しいモデルを提供する必要がある。 iPhone 6以降の新しいモデルによって大幅に買い替え需要が増加することはない。
  • Appleのイノベーションについて「Appleはコンシューマーエレクトロニクス業界のリーディングカンパニー。革新的なユーザー体験とエコシステム開発という点で競合他社を上回っていると信じている。

まとめ

Ming-Chi Kuo(郭明池)氏の予想によると、2018年はFace ID搭載iPad、新しいMacBook Air、大型Apple Watch、そして3種類の新しいiPhoneが登場するとの事。

具体的なスペックなどの情報はないが、以前から出ていた他の情報と類似しているので信憑性は高そうだ