アップル「iPhone X SE」を700ドルで販売か、SEの2倍の価格に!?

レビュー・感想




こんにちは。ユウスケです。

今日気になったニュースはこちら。

アップル「iPhone X SE」を700ドルで販売か、SEの2倍の価格に
アップルは今年3モデルのiPhone Xの後継機種をリリースするという。5.8インチのiPhone Xの第2世代モデル、6.5インチの「iPhone X Plus」、さらに6.1インチの「iPhone X SE」がここに加わるという。
-Forbesより引用-
詳しい記事はこちら

….え?

SE2じゃなくてX SEかぁ…その発想はなかった。

今回はX SEとSE2について考察してみる。

次に発売されるSEはiPhoneSEなのかiPhoneX SEなのか

そもそもiPhone SEの「SE」とは何なのか。

巷では「Special Edition」の説が濃厚らしい。

 

いま出ているiPhoneSEはiPhoneのナンバリングから外れたSpecial Editionという事かな。

そして今回の記事内では、iPhoneX SEは”6.1インチディスプレイでiPhone8の700ドルより高い800ドルレンジ”だとか。

iPhoneXが5.8インチなので、それよりも大きくなるだと…

 

現状のiPhoneSEの特徴=「小さい」「安い」が際立っているので、それこそがSEと思ってしまっていた。

でもたしかにSpecial Editionと考えると、「大きい」でも「高い」でも成り立つことになる。

 

現状でAppleが販売している機種はiPhoneX、8、7、6s、SEの5種類。

もし今回の記事にあるX(2世代目)X Plus、X SEが出たら、消えるのはiPhoneXだけ?

となると全7種類になってしまう。

いくらなんでもラインナップ多すぎ

価格帯も重なってきてしまい、シェアを自ら食い合ってしまうのでは…?

 

私の個人的予想としては、iPhoneX SEは無いと思う。

iPhoneの10周年記念モデルとして発売しているので、そのラインナップをポロポロ出すとは思えない。

プレミアム感がなくなってしまうからだ

 

iPhoneSEはiPhone5シリーズのデザイン使い回しでコスト安で発売された。

それがiPhoneX SEの6.1インチという新しい液晶サイズとなると、新たにデザイン・設計をすることになる。

生産コストは跳ね上がるはず。

液晶が大きくなって、お値段もiPhone8を超えるiPhoneX SE。

iPhoneXもiPhoneX PlusもiPhone8 Plusですら似た機種になってきてしまうのではないかと。

消費者としては、似たような機種、似たような値段のものがあると、どうしても迷ってしまう。

せめてロースペック、ミドルスペック、ハイスペックの3種くらいには絞ってほしい。

販売するターゲットが全く見えてこない。

正直、iPhone5の頃のように、「iPhoneはこれ一択です」ってのが潔くてよかった

 

そしてiPhoneSE2。

予想としては、iPhoneSEのデザイン使い回しのスペックアップ+おサイフケータイで、今まで通りの安価モデル

ラインナップを見ると、やはりこの路線が濃厚に感じる。

個人的な好き嫌いで、希望的観測が大いに入っているけどね。

まとめ

iPhoneX SEは新規デザイン的にもコスト的にも、眉唾もの。

今まで出てきたiPhoneSE2の方が信憑性高いと思う。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

ウェブデザイナー
男 1983年生まれ
”コンパクトなデバイス”、”マンガ”、”メガネ”をこよなく愛する。
イラストの肩に乗ってるのはめそ…じゃなくてペットのフェレット2匹。