有吉ゼミの「家電爆買い」のコーナーで紹介されたsirocaのケトルが良さそうなのでポチった。

レビュー・感想




2019.04.17 レビュー記事公開

一人暮らしに最適!siroca おりょうりケトル SK-M151。レビュー・感想

2019年4月17日

 

なんとなくテレビをつけると、放送していたのは有吉ゼミ。

梅宮辰夫、ニコル、ガンバレルーヤが家電量販店で、ピッタリの商品を紹介してもらい、それを買うか買わないか、というコーナーをやっていた。

私はテレビをBGMとして点けているので、番組のことは詳しくないが、家電が好きなので少し見入ってしまった。

 

その中で紹介されていたsirocaのケトルがすごかった!

ケトルと鍋が合体されたようなアイテムに一目惚れした!

 

sicocaとはシロカ株式会社の製品ブランドで、「ていねいに、 うつくしく、 こだわって」をコンセプトにしている。

キッチン家電だけでなく、生活家電、寝具なども扱っているようだ。

 

そして肝心のテレビで紹介されていた商品は「おりょうりケトル ちょいなべ SK-M151」

普段は温度が調節できるケトルとして使え、ちょっとした調理鍋としても使うことができる。

1〜2人分の鍋や、チーズフォンデュ、インスタントラーメンなどがケトルの中で作れてしまう。

小型で移動ができるので、卓上で使うことも可能だ。

今まで、ガスコンロで鍋を用意して、卓上にガスコンロを用意して底に持っていって…なんて事をやっていたが、これなら具材を入れて卓上でグツグツ…手間がぐっと減りそうだ。

そして鍋部分が取り外せて丸洗いできるので、汚れも問題なさそうだ。

 

メーカーのレシピ集には「熱燗」「ホットワイン」「ミルクティ」「チーズフォンデュ」「キムチ鍋」「クリームシチュー」「ミネストローネ」が紹介されている。

価格も11,800円と、とても手頃な価格だ。

1人暮らし、2人暮らしの人にはうってつけの調理家電だろう。

 

そんな訳で、私は早速Amazonでポチってしまった。

到着するのは4月11日の予定。

週末には使えて、レビューできるかなぁ。

楽しみだ。

 

2019.04.17 レビュー記事公開

一人暮らしに最適!siroca おりょうりケトル SK-M151。レビュー・感想

2019年4月17日

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

ウェブデザイナー
男 1983年生まれ
”コンパクトなデバイス”、”マンガ”、”メガネ”をこよなく愛する。
イラストの肩に乗ってるのはめそ…じゃなくてペットのフェレット2匹。