またまた新型iPhone(6.1インチ、6.5インチ)の図面が公開される

レビュー・感想




先日、「iPhoneX Plus、iPhone9、iPhone9 Plusの画像が公開される」とお伝えした。

今度はForbes新型iPhone 6.1インチと6.5インチの図面を公開した。

iPhone Exclusive: Apple’s Radical Design ‘Confirmed’

Frobsより

今回はこの記事を紹介する。

また新型iPhone(6.1インチ、6.5インチ)の図面が公開される

図面の入手先

Frobs記者のGordon Kellyは「人気アクセサリーメーカーGhostekとの共同作業で、『格安なiPhone』と『超大型iPhone』図面を手に入れた」としている。

また、「前者のほうがベストセラーになることを期待しつつも、スマホ業界を揺るがすのは後者だ」とも語っている。

iPhone X Plus(6.5インチ)

「iPhoneX Plus」のサイズは157.2 x 77.1mmになるとのこと。

この図面はiPhone X Plusがトリプルレンズを搭載していることを表しているようだ。

トリプルレンズはHuaweiの「Huawei P20 Pro」が初めて搭載し、その画質は現時点で最高のものとされている。

以前の記事では、トリプルレンズを搭載したiPhoneは2019年に出るという事だった。

これが前倒しで発売され、最高画質の座をAppleが奪い返せるか!?

 

ちなみに、「図面の3つの穴の1つはフラッシュでは?」と尋ねられ、「フラッシュはカメラよりかなり小さくなる。つまり、そこにフラッシュは来ない」と答えている。

iPhoneXと同じに見えるけどね。

 

iPhone(6.1インチ)

筆者はiPhone(6.1インチ)のことを「格安iPhone X」と呼んでいる。

以前の記事では、「iPhone9」と呼ばれていた機種だ。

 

サイズは147.12 x 71.52mmで、シングルレンズ

6.5インチに比べ、ノッチが多少広めの印象だ。

 

こちらはコスト高な有機ELではなく、液晶が使われると噂され、それによってコストダウンが図られていると噂されている。

筆者によるとiPhoneXよりも300ドル安くなるらしい。

 

サイズに関しては、他の情報と0.数ミリくらいしか違いがない。

設計段階の微調整と考えれば納得できる誤差だ。

もうAppleは新しいiPhoneの生産体制に入っているのだろうか。

 

まとめ

新たに公開された新型「iPhone(6.1インチ)」「iPhone(6.5インチ)」の図面を紹介した。

2018年秋に発売されると噂されている3機種中2機種は、6.1インチと6.5インチの線が固そうだ。

何はともあれ、9月の発表を楽しみに待とう。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

ウェブデザイナー
男 1983年生まれ
”コンパクトなデバイス”、”マンガ”、”メガネ”をこよなく愛する。
イラストの肩に乗ってるのはめそ…じゃなくてペットのフェレット2匹。