スラムダンク「新装再編版」を刊行。全巻表紙を新たに描き下ろし。

マンガ・アニメ




井上雄彦の漫画『スラムダンク』が「新装再編版」を刊行することが発表された。

表紙を新たに描き下ろし、全31巻だったコミックスを試合の節目などで新たに分けて、全20巻の構成となる。

6〜9月で全巻発売される。

 

先日、記事で「スラムダンクが電子書籍で出ていない理由。」を書いた。

やっぱり電子書籍にはせずに、新たに紙のコミックスを発売するのな。

伝説的漫画『スラムダンク』が「新装再編版」を刊行

伝説的な漫画『スラムダンク』

スラムダンクは全31巻276話。

累計単行本発行部数は1億2000万部、1巻辺り約3800万部という驚異的な売上だ。

ちなみにジャンプの伝説的漫画たちの売上部数は

  • ONE PIECE 88巻 3億6000万部 1巻辺り約4000万部
  • ドラゴンボール 全42巻 1億5700万部 1巻辺り約3700万部
  • ナルト NARUTO 全72巻 1億3500万部 1巻辺り約1800万部

となっていて、1巻辺りでは、あのドラゴンボールを上回り、ONE PIECEに次ぐ第2位。

ONE PIECE、お化けだな。

スラムダンク「新装再編版」が出たら、どのくらい売上が上がるのだろうか。

楽しみだ。

 

作者 井上雄彦がtwitterで発表


ジャンプコミックスサイズかぁ。

迫力のある漫画だから、大きいサイズの方が好きなんだけどな。

 

表紙以外は変わりなし?続編は?

スラムダンクは「第一部 完」で終わっている。

その続編が描かれるのでは…なんて期待をしてしまうが、そんな事は恐らく無い。

現在連載中の「バガボンド」「リアル」が止まっているので、ここで新たに新連載は考えにくい。

スラムダンクは「あれから10日後」できれいに完結かな。

 

新装再編版と完全版、どっちが買い?

今から『スラムダンク』を買うとしたら、「新装再編版」と「完全版」どっちが買いなのか。

 

新装再編版は全20巻でジャンプコミックスサイズ(H176*W113mm)

表紙は新たに描き下ろし

 

完全版は全24巻でワイド版サイズ(H210*W149mm)

何気にこちらも表紙は描き下ろし

 

個人的にはワイド版の方がオススメ。

絵に迫力があるので、少しでも大きい方がより楽しめるはず。

 

とは言え、ワイド版はかなり大きい。

本棚で結構なスペースを占めてしまう。

本棚にあまり余裕のない人は「新装再編版」の方がオススメ。

まとめ

スラムダンク「新装再編版」は全20巻でジャンプコミックスサイズ、表紙を新たに描き下ろし。

すでにジャンプコミックスを持っているファンでも、表紙だけでも買う価値があるはず。

 

ちなみに、スラムダンクがKindleなどの電子書籍になる事は、しばらく無さそう。

詳しくは下記記事をどうぞ。

スラムダンクが電子書籍で出ていない理由。

2018年3月12日

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

ウェブデザイナー
男 1983年生まれ
”コンパクトなデバイス”、”マンガ”、”メガネ”をこよなく愛する。
イラストの肩に乗ってるのはめそ…じゃなくてペットのフェレット2匹。