「iPhone XS/XS Max」「iPhoneXR」は電池が切れてもSuicaが使える仕様に

ニュース・噂




「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」電池が切れてもSuicaが使えることが判明した。

 

「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」のスペック表には”予備電力機能付きエクスプレスカード”という機能がある。

この機能について、携帯研究所がAppleに確認したところ「“予備電力機能付きエクスプレスカード”とは、 iPhoneのバッテリーが切れてしまった場合にも、予備電力でSuicaなどのカードを利用することができる機能」という返事をもらったようだ。

 

これまでは「iPhone」の電池が切れてしまうとSuicaが使えなくなり、改札を通ることができなかった。

「iPhone XS」「iPhone XS Max」「iPhone XR」であれば、「Suicaで電車に乗ったのは良いけど、電池残量がギリギリで怖い」なんてコトは無くなりそうだ。

 

しかし、”予備電力機能付きエクスプレスカード”は名の通り、”エクスプレスカード”として設定できるカードに限られ「iD」や「QuickPay」には対応しない。

また、あくまでも予備電力で動作しているため、バッテリーが切れた後も長時間充電されないと”予備電力機能付きエクスプレスカード”の利用もできなくなるようだ。

 

ちなみに、Androidやガラケーに搭載されたおサイフケータイは、ApplePayのSuicaとは仕様が違い、電源がオフでも電池残量が0%表記でも微妙にでも電池が残っていればSuicaや他の電子マネーも使うことができる。

ApplePayはまだEdy、NanacoやWaonなどの電子マネーも対応しておらず、おサイフケータイに限って言えば、まだAndroidの方が使いやすくなっている