iPhoneの脱獄ってまだ需要あるの?

レビュー・感想




こんにちは。ユウスケです。

 

ここ最近、昔の話が続いて思い出したことを。

ちょっと懐かしい話。

今回はiPhoneのJailbreak(脱獄)の話。

iPhoneの脱獄って?

そもそもの話で、iPhoneの脱獄ってなんぞ?

「脱獄」または「JailBreak」

iPhoneをAppleが許可していないアプリの動作が可能な状態にすること。

iPhoneは基本的にはApp Storeからしかアプリを落とせない。

そこで脱獄ツールを使ってiPhoneを脱獄状態にすれば、

Appleが許可していないアプリや機能を使えるようにできる。

 

ちなみに脱獄するのは完全に自己責任。

許可していないアプリをインストールするわけだから、

便利なアプリもあれば、悪意があるアプリも中にはある。

脱獄が原因でiPhone壊れてもAppleのサポートは受けられない。

ただ、Appleの規約違反だからサポートは受けられないが、違法ではない。

とは言え、推奨はしないけど。

脱獄のメリットとデメリット

脱獄するかしないかは、メリットとデメリットを比較して、メリットが大きければ脱獄する形になる。人によって感じ方は変わるので、どちらが大きいとも言えない。

メリット

AppStoreにない色々なアプリや機能追加が出来る

カメラのシャッター音が消せる

フォントが変えられる 

ロック画面、ホーム画面、コントロールセンター、通知センターなどがカスタマイズ可能

デメリット

Appleのサポートは受けることが出来ない

脱獄アプリのサポートなどは基本的にない

自力で調べる能力が必要

セキュリティの脆弱性が高まる

不安定になる場合がある

全て自己責任

脱獄は下火になった?

私がiPhoneを使い始めたのは3G。

そこから3G→3GS→4S→5S→5S(2代目)と使ってきた。

脱獄をしていたのは3G〜4Sまで。

5Sの頃になると、脱獄の必要がなかったのでしていなかった。

何故脱獄をしていたのか

一番大きな理由として、「SIMロックの解除」をしたかった。

今はAppleから直接iPhoneを変えばSIMロックがかかっていないので、どこのキャリアでも使えるが

3G、3GSの頃はAppleから直接買うことができず、キャリアのSIMロックがかかっているものしか買えなかった。

その頃、私はしばらく海外に住む予定だったので、どうしても現地のSIMでiPhoneを使いたかった。

Softbankに電話して聞いてみたが、SIMロックの解除は(当然)出来ないと言われ。

色々調べた結果、脱獄に行き着いた。

(ちなみによく「SIMフリー」と呼んでる人がいるが、海外だと通用しないので注意。

「SIM free」ではなく「unlock」で通じる)

 

当時、まだスマートフォンは流行っておらず、周りでは誰一人持っていなかったので

脱獄のお陰でiPhoneを現地のSIMを使うことができた自分は

周りにドヤ顔をしていたのを覚えている。

 

脱獄していたその他の理由としては、

今で言うコントロールセンターの追加や、ロック画面の通知の追加やアプリのショートカットの追加、iPhoneXで実装されたジェスチャーでの操作などなど。

その時のOSは3でまだまだ発展途上だった。(まだiOSという名前ではなかった)

それがバージョンアップを重ねるうちに、コントロールセンターが追加され、ロック画面にショートカットが追加され、ジェスチャー操作までも追加された。

 

実はこれらは全部、脱獄アプリからの逆輸入だった訳。

便利なものはAppleが公式でガンガン取り入れていった。

使いやすくなることはいいことだ。

私が5Sを使っている頃は、もう脱獄してもあまり意味ないねって状態だった。

 

今まだ出来ないことといえば、アプリの並び方かな。

iOS11でも未だアイコンを左上揃えにするのはなんでだぜ…

脱獄の現状

お気に入りに入れてあった脱獄指南サイトが、ことごとく無くなっていたり更新が止まったりしている。

新たに作られたサイトも多々あるんだろうが、以前に比べてとても少ないように感じる。

私自身が脱獄から興味を無くしてしまったというのもあるが、

やはりニーズが相当少なくなってきているのだろう。

 

それでも脱獄のサイトやツール、アプリなどはまだ開発をしている人はいるようで、

iOS11も現状は脱獄が出来る状態らしい。

 

とは言え、色々出来るようになったiOS11で脱獄をして何をするのか…

自分には思いつかない。

脱獄の必要がなくなった?

そもそも脱獄する人はAndroidを使えば、それなりに満足できるわけで。

以前のAndroidは正直、使い物にならないレベルだったから、iPhoneを脱獄して使うのは理にかなっていた。

しかしここ数年のAndoridはiPhoneとくらべても遜色ないレベルに達しているので、iPhoneをわざわざ脱獄してまで使う必要もない。

 

そして基本的にはAndroidの方が安価。

値段の高いiPhoneを脱獄してAndroidと同じにしてもね…

そりゃ脱獄する人減るよな。

まとめ

発展途上だった以前のiPhoneは使いやすくカスタマイズするために脱獄が流行っていた。

今は脱獄アプリの良いところをAppleが取り入れ、最新のiOS11はかなり便利になっているので脱獄の必要性が見当たらない。

脱獄をしていた人たちは、Androidに移行した方が幸せだと思う。