iPhoneX、想像以上に売れていた。

レビュー・感想




よく「iPhoneX」の不調がささやかれていたが、市場の想像より売れていたようだ。

2018年5月1日にAppleは2018年度の第2四半期の決算を発表し、

その際、AppleCEOのティム・クックが「iPhoneX」が他のiPhoneよりも売れている旨を話し、好調っぷりをアピールした。

 

Appleのプレスリリースはこちらから。

iPhoneXが好調

iPhoneが好調

Appleが扱うデバイスほぼすべてで売上増。

その売上の半分以上がiPhoneシリーズとなっている。

唯一の横ばいになったのがMac。

販売台数的には3%の減少となったが、売上金額的には横ばいだった。

 

以前、iPhoneは1シリーズのみだったが、現在はiPhone8/8 Plus、X、SEと4シリーズになっている。

今回iPhoneX新たに加わったので、増加したのは当然といえば当然?

シンプルだったiPhoneのランナップ、今後も増やしていくのだろうか。

 

 

iPhoneだけでなく、iPad mini やiPodシリーズも忘れないでください…

まとめ

不調がささやかれていた「iPhoneX」は好調に売れていた。

2018年度第2四半期も売上、純利益ともに増加と好調のApple。

この好調をキープするのに、今後どのような戦略を練ってくるのか。

楽しみだ。