美しい「iPhone9」のレンダリング画像が公開される

ニュース・噂




2018年の秋に、Appleは新しい3種類のiPhoneを発表・発売すると言われている。

5.8インチの「iPhoneX(第2世代)」、6.1インチの「iPhone9」、6.5インチの「iPhoneX Plus」。

全てフルスクリーンで上部にノッチがある「iPhoneX」と同じタイプになると噂されている。

 

そんな中、6.1インチの「iPhone9」のレンダリング画像が公開された。

公開したのはオランダのブログNIEUWE MOBILE.NLで、デザイナーのJonasDähnert氏が作成した。

「本物を写真に撮ったんじゃないか」と思えるほど、非常に美しい画像だ。

美しい「iPhone9」のレンダリング画像

公開されたレンダリング画像では6.1インチの「iPhone9」と「iPhoneX」が並んでいる

「iPhone9」は「iPhone8」ではなく、「iPhoneX」の特徴を引き継いだデザイン

5.8インチの「iPhoneX」に比べ、6.1インチの「iPhone9」は高さ・横幅共に少し大きい。

 

背面の素材の違いも上手に表現されている。

「iPhoneX」の背面ガラスに対して、「iPhone9」の背面はアルミのようだ。

「iPhoneX」は無線充電に対応するために背面ガラスになったので、「iPhone9」にアルミが採用された場合、ワイヤレス充電機能は外されるかもしれない。

また、「iPhone9」のカメラはシングルレンズになっている。

 

「iPhoneX」と同じように「iPhone9」のレンズも飛び出ている。

レンズが飛び出ていると、傷が付きやすくなるのと、机に置くと安定しないのであまり好ましくない。

ほとんどの人がiPhoneにケースを付けて使っているので、それが気になる人は少ないだろうけど。

 

まとめ

「iPhone9」と「iPhoneX」の美しいレンダリング画像を紹介した。

今までに出てきた「iPhone9」の噂や情報通りの画像だ。

 

「iPhone」に関する噂や情報を知りたい方はこちらからどうぞ。