iPhone X Plusか?iOS12が搭載された「未確認端末」からのアクセス

スマートフォン・アクセサリ




海外の情報サイトBGRが、WWDC18以前に「iOS12を搭載した端末」からのアクセスがあったと報じた。

BGRはそのアクセス情報から、『アクセスしたのは「iPhoneX Plus」から』だとしている。

http://bgr.com/2018/06/07/iphone-x-plus-release-date-ios-12-leaks-size/

BGR.comより

未確認端末からのアクセス。正体はiPhoneX Plusか?

iOS12からのアクセス、発表前から。

iOS12はAppleが6月5日(日本時間)にWWDC18で初めて発表した。

そして、その日からディベロッパー向けにiOS12ベータ版が公開された。

つまり、ディベロッパーであっても、iOS12が使えるようになったのは6月5日以降。

 

しかしBGRには、5月中にiOS12から数百回のアクセスがあったようだ。

タイミングから見て、ほぼ間違いなくAppleの関係者からのアクセスだろう。

そしてその中には見慣れない解像度の端末からのアクセスが2度ほど確認された。

その端末はiOS12を搭載しているが、今までのiPhoneやiPadには使われていない解像度「414×896ポイント」

注意したいのはこの解像度はピクセルではなく、ポイントだと言うこと。

 

ちなみに現行のiOS端末の解像度は以下の通り。

developer.apple.com より

iPhoneXは「375×812ポイント」、iPhone 8 Plusは「414×736ポイント」という具合になっている。

新しい解像度の端末は「414×896ポイント」と、横のサイズがiPhone 8 Plusと同じ

 

ここで注目したいのが、iPhone8とiPhoneXの解像度は横サイズが「375ポイント」で一緒と言うこと。

高さはiPhoneXの方がノッチの領域が145ポイント分高くなっている。

 

それを踏まえてアスペクト比を見てみる。

iPhone8のアスペクト比は1:1.778iPhoneX1:2.165

 

そしてiPhone8 Plusと、新しい解像度のアスペクト比。

iPhone8 Plus1:1.777新しい解像度の端末1:2.164

ほぼ一致する。

 

これらの事からBGRは、新しい解像度の端末は「iPhoneX Plus」という結論に至っている。

 

ちなみに、この「414×896ポイント」の端末から、BGRに5月に二度だけのアクセスがあったようだ。

これは「414×896ポイント」端末が、作られたばかりのiPhoneX Plusのプロトタイプなので、それ以前のアクセスはなかったと述べている。

iPhoneX Plusの解像度(ピクセル)は?

「415×896ポイント」からネイティブ解像度を割り出すには、iPhoneXと同じネイティブスケールファクターの「3」をかければいい

つまり、「1242×2688ピクセル」

これがiPhone X Plusの解像度と推測される。

 

2018年秋に発売される?

「iPhoneX Plus」は2018年秋に「iPhone9」、新型「iPhoneX」と同時に発表・発売されると予想されている。

iPhoneX Plus、iPhone9、iPhone9 Plusの画像が公開される

2018年6月2日

新型6インチiPhoneはLGの新型液晶搭載か

2018年5月11日

まとめ

海外のサイトにiOS12を搭載した新しい端末からのアクセスがあった。

アクセス解析の解像度から、「iPhoneX Plus」からのアクセスと推測している。

 

ちなみに、このBGRが書いた記事、出始めの解像度が「496×896」となっており、相当混乱した。

何度も読んで、やっと「414×896」の誤植だと理解できた。

自分の英語力だと、英語の記事に誤植があると相当シンドいわ。