いまさらながらiPad mini4の魅力を語る。こいつは最高だ。

スマートフォン・アクセサリ




私はガシェットが好きだ。

モバイル端末が好きだ。

これまでPDAからガラケー、スマホ、タブレットと沢山モバイル端末を使ってきた。

その中でもiPad mini4は最高の機種だと思う。

現状、最高のモバイル端末だと思っている。

 

そんなiPad mini4 LOVEな私のiPad mini4の使い方を紹介する。

iPad mini4とは

2015年9月に発売された、7.9インチのiPad mini。

スペックはiPhone6sやiPad Air2に近い。

2017年12月現在、iPad miniの中で最新のモデルとなっている。

 

世の中ではiPad Pro12.9インチやiPad Pro10.5インチの方に目が行きがちになっているが、

私は断然iPad mini派だ。

 

iPad mini 4の素晴らしさ

それは何と言っても大きさだろう。

持ち運ぶのに苦にならない大きさ。

10インチ超えのタブレットはカバンが、そこそこ大きくないと入らない。

iPad miniなら、かなり小さいバッグでも余裕で入ってしまう。

 

重さも約300gとなっており、iPad史上最軽量

絶妙な大きさ&重さなのだ。

 

キーボードを接続すれば、簡易的なPC代わりにもなれる。

メモリが2GBあるので、2画面分割にも対応している。

メールやブログを書くくらいだったら、これで十分。

 

世の中のスマートフォンは大概5インチ半ば。

大きくても6インチ台。

iPad miniは 7.9インチ。

6インチと7.9インチは見える範囲が全然違う。

並べてみると、子供と大人。

 

大きいぶん、電池の持ちも良い。

持ち運び楽々で電池の気兼ねなく大きい画面を使える。

 

大きい画面のスマホにするよりも、

スマホはコンパクトでポケットに。

カバンにはiPad miniで大画面。

そのように2台体制にするのが私はベストだと思っている。

 

iPad mini 4 の使い方

1.電子ブックリーダー

iPad mini4は縦横比が4:3。

他の8インチタブレットに比べて正方形に近い形になっている。

そのため、本を読むのに適している。

16:9とかの縦長だと、テキストの本は表示できる行数が減るし、漫画だと上下に無駄ができる。

その分、4;3のiPad miniの方が本の形に近く、画面のムダが少ない

2.Amazon Videoなどの動画再生

スマホで動画を見ていると、小さくて細かいところが見えない。

また、電池をガンガン使うので、いざという時にバッテリー切れでは困る。

その分、iPad miniなら、電池の持ちがいいから、沢山見ても気にならないし、

画面サイズもスマホの何倍もあるので、迫力が違う。

最悪電池が終わっても、スマホが無事なら連絡手段に困らない。

3.ゲーム

こちらも上記ビデオと同じ理由。

電池を気にしないで遊べる。

また、操作性もUPする。

特に細かい作業をするゲームでは、iPad mini なら操作しやすい。

4.ネットショッピング

ネットショッピングでは、写真が重要

本や家電など、どこで買っても同じものだったら写真なんて気にならないが、

服や靴などは写真が頼りなので、じっくり見たくなる。

そんな時はやはりiPad miniくらいの液晶サイズがあると、写真がとても見やすい。

5.メモ、お絵かき

テキストのメモを取るなら、スマホでもできる。

ただ、手書きメモ、図形を書いたりするにはiPad miniくらいのサイズが便利。

iPad miniなら書けるエリアが広いので、指でもメモは取りやすい。

また、ラスタライズペンとペイントアプリを使えば、イラストも描ける。

 

唯一惜しむべきは、ApplePencilに対応していないこと。

Apple Pencilに対応したiPad mini5が欲しいなぁ。

 

まとめ

iPad mini 4は絶妙な大きさ。

軽く、大きすぎず、小さすぎない。

外出先でガッツリスマホを使っている人は、買い足しを検討してみてはいかがだろうか。

 

iPad mini5についての記事もどうぞ

iPad mini5はいつ出るの?最新情報や噂など、まとめ。

2018年4月17日