iPadは古くなっても本当に低速化しないの?ざっくり検証してみた。

スマートフォン・アクセサリ




iPhone6以降の機種で古くなって電池が劣化してくると低速化する問題。

報道によると、iPadは関係ないらしい。

「本当にiPhoneだけなのかなぁ」と疑ってしまう自分がいる。

 

今手元にあるiPad mini4は中古で買って早一年以上。

電池の持ちも心なしか悪くなってきた気がする。

疑うくらいなら、ここは一つベンチマークを測っておこうと思う。

iPad mini4のベンチマーク

正直、いままであまりベンチマークに興味がなかったので、今回始めて計測する。

いろいろなサイトを観た結果、iPad mini4発売当初のOS9の時のベンチマークはAntutuというアプリの計測でスコア85000前後だったらしい。

 

ちなみに手元にあるiPad mini4はiOS11.0の状態になっている。

OSが違うので、比較する条件としてはあまり良くないが、どの程度変わっているのか気になるところ。

 

また、バッテリーがどれくらい劣化してるのか、公式アプリの「Appleサポート」を使ったけど、iPadは測れないのかな。

iPhoneでは出て来る「ハードウェアの診断」が出てこなく、電池の劣化は測れなかった

残念。

 

気を取り直してAntutuをインストールして、計測してみた結果。

スコアは82535。

他サイトで見かけたスコア85000から約97%。

3%の減少はOSの事も考えると誤差の範囲内かな

結果

公式で発表されたとおり、iPad(少なくとも私のiPad mini4)では電池の劣化で機能低下はしていないようだ。

結果的にはなんとも面白みがない結果になってしまったから、

少しがっかりしたものの、とりあえず安心。

 

まだまだiPad mini4には頑張ってもらおう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

ウェブデザイナー
男 1983年生まれ
”コンパクトなデバイス”、”マンガ”、”メガネ”をこよなく愛する。
イラストの肩に乗ってるのはめそ…じゃなくてペットのフェレット2匹。