Macbookでバッテリーの充電をしないで電源で利用する方法[Mac便利技]

Mac




今回の記事はMacbookをメインとして使っているユーザー必見

 

MacbookをデスクトップPCとしてACアタプタを繋ぎっぱなしで使っていると、バッテリーが劣化してしまう。

とは言え、Macbookはバッテリーを簡単に外せない。

 

家にいるときはACアタプタで使い、外にいるときはバッテリーを使いたい。

そんな都合のいいことが…簡単にできる。

充電のコネクタにビニールテープを貼るだけ。

MacbookをAC電源だけで使う方法

危険はないと思いますが、行う際は自己責任で。

また、バッテリーは50%程度の状態で行うのが、バッテリーに負担が少なそう。

理由はこちら「ノートブックコンピュータとバッテリーの保管法」

用意するもの

  • Macbook
  • MacbookのACアタプタ
  • ビニールテープ
  • ハサミ

1.ACアタプタを見てみる

Macbookに接続する部分を見てみると、5本のピンが出ている。

この真中の小さいピンがバッテリーの充電を担当しているらしい。

要はコレを隠せばOK。

 

2.ビニールテープを細くカット

1mmあるかないかくらい。

手でつまむと接着部分が弱くなるので、つまんでる部分を後で切り取ろう。

 

 3.中央のピンだけ隠れるようにビニールテープを貼る

細かいことが苦手な私は、真ん中だけになかなかイカなくて少し苦労した。

ピンセットがあると貼りやすい。

 

4.Macbookへセット

ビニールテープの厚みですこしグラグラするけど、磁石でくっついてるから問題なし。

 

5.バッテリーに充電されずに使えているか確認する

Macbookに接続してるACのランプが点灯してなく、メニューバーのバッテリーマークに雷マークが付いてたら成功

写真で使っているACは純正でMacbookに付いているものと形が違っていますが、純正でもランプが有りますので確認方法は変わらない。

 

まとめ

ビニールテープだけでバッテリーの消耗を減らせられる。

Macbookをデスクトップとして使ってる人は、是非やって欲しい。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

ウェブデザイナー
男 1983年生まれ
”コンパクトなデバイス”、”マンガ”、”メガネ”をこよなく愛する。
イラストの肩に乗ってるのはめそ…じゃなくてペットのフェレット2匹。