作業のじゃまになる通知を設定する[Mac便利技]

Mac




Macを使っていると、メールの通知や予定をおしえてくれる「通知」機能がある。

非常に助かるのだが、不要な通知をして作業の妨げになる時もある。

そんな事にならないよう、通知を使い分ける方法を紹介。

通知方法の設定

1.アップルマーク→システム環境設定

2.通知をクリック

すると通知を設定するウィンドウが開く

3.通知の設定を変えたいアプリをクリック

例としてDropboxの変更をしてみる。

現状は「通知なし」になっている。

4.通知方法を変更する

4-1通知が必要ない場合 通知スタイルを「なし」

4-2通知してほしいが、自動的に消えてほしい場合 通知スタイルを「バナー」

すると下記のようなバナーで通知され、一定時間で自動的に消える

4-2通知を操作するまで表示させる場合 通知スタイルを「通知パネル」

すると下記のようなバナーで通知され、「閉じる」をクリックするまで消えない。

作業に集中するから通知してほしくない場合

1.通知センターに、おやすみモードを表示させる

赤い枠の辺をクリックすると通知センターに「おやすみモード」が出てくるので、スイッチをクリックし、オンにする。

すると通知が全く来なくなる。

次の日には「おやすみモード」は自動的にオフになる。

まとめ

重要な通知と、そうでない通知はしっかりと分けたほうが、作業のじゃまにならない。

普通の通知はバナーにして、確認が必要なものは通知パネルにしておこう。