起動時のパスワード入力を飛ばす方法[Mac便利技]

Mac




起動時にログインパスワード

Macを外出先や会社で使ってる時はいいんだけど、

自宅でだれも使う心配がない場合、結構わずらわしい。

 

この起動時のログインパスワード、実は飛ばせる。

セキュリティ的にはかなり下がってしまうので、

持ち運ぶMacbookや会社で使っているMacなどにはオススメできない。

起動時のログインパスワードを飛ばす方法

1.アップルメニュー→「システム環境設定」

2.「ユーザーとグループ」をクリック

3.左下の鍵マークをクリック

4.パスワードを入力し「ロックを解除」をクリック

編集可能な状態にするため、パスワード入力を求められる。

パスワードが通ると、左下の鍵が開いたアイコンになり、編集可能になる。

5.「ログインオプション」→自動ログインしたいユーザー名を選択

ここでユーザーが「オフ」のまま選択できない場合はこちら

これでログインをする時にパスワードなしで立ち上げることができる。

一応、編集できないように再度鍵マークをクリックして鍵を閉じておこう。

 

まとめ

セキュリティ的にかなり下がるので、十分検討してから設定しよう。

導入部分でも触れたが、自分以外の誰かがMacに触れる可能性がある場合はこの設定はしない方がいい。

 

 

ユーザー名が選択できなかった場合

”FileVault” が有効になっている場合は、すべてのアカウントで手動ログインが必須になってしまうので、”FileVault”をオフにする。

1.アップルメニューから「システム環境設定」

2.「セキュリティとプライバシー」をクリック

3.”FileVault”タブ→左下の鍵マークをクリック

4.パスワードを入力して「ロックを解除」をクリック

5.”FileVaultをオフにする”→ポップアップの”FileVaultをオフにする”

6.Macを再起動

再起動後、ロック画面のユーザー設定ができるようになる。

また、”FileVault”をオフにした時に「暗号化解除中」のバーが出てくるが、そのまま再起動して問題ない。