ついに来た!新しいMacBook Air、Mac mini、iPad Pro!これは期待以上だ!

Mac




2018年10月31日、Apple Eventで新しいMacBook Air、Mac mini、iPad Proが発表された。

今回発表された上記3アイテムは全てフルモデルチェンジと言っていい。

かなり魅力的なものになっている。

早速紹介しよう。

 

MacBook Air

やっと発表となった新型MacBook Air。

やっとRetina Displayに対応し、解像度は4倍に。

13.3インチだが、ベゼルが狭くなり17%容積が小さくなった。

これでAirの最大の弱点となっていた解像度の低さが解消されたことになる。

その他にもCPUの強化、USB-Cを2ポート搭載した。

あえて残念なところを上げると、CPUがデュアルコアしか選べないところかな。

簡単にまとめると…

  • Retinaディスプレイになった。
  • 薄さ15.6mmと更に10%も薄く。
  • TouchIDT2セキュリティチップ搭載で、セキュリティ面を強化。
  • タッチパッドは20%拡大。
  • ステレオスピーカーを搭載
  • USB-Cは2ポート
  • 第8世代CPUIntel core i5
  • 最大16GBメモリ
  • 最大1.5TB SSDストレージ
  • スペースグレイ・ゴールド・シルバーの3色展開
  • 134,800円より
  • 11月7日発売開始。

 

MacBookとの違いは?

ちなみにMacBookと比べるAirの方が少し大きく重くなるが、CPUの面で有利になる。

また、価格面では若干Airの方が安くなる。

少しでも軽く小さくという人はMacBook。

モバイルでもそれなりのスペックが欲しい・外部ディスプレイにつなげて作業したい人はMacBookAirという感じか。

MacBook Air MacBook
Touch ID X
ディスプレイ 13.3インチ LED Retina 12インチ LED Retina
CPU 第8世代Intelデュアルコアプロセッサ
1.6GHzデュアルコアIntel Core i5プロセッサ
1.2GHzデュアルコアIntel Core m3、1.3GHzデュアルコアIntel Core i5、または1.4GHzデュアルコアIntel Core i7プロセッサ
薄さ 0.41〜1.56 cm 薄さ0.35〜1.31 cm
重さ 1,25kg 0.92kg
メモリ 8〜16GB 8〜16GB
ストレージ 128GB、256GB、512GB、または1.5TB SSD 256GBまたは512GB SSD
グラフィック Intel UHD Graphics 617 Intel HD Graphics 615
その他特徴 Thunderbolt 3(USB-C)ポート x 2
802.11ac Wi-Fi
Bluetooth 4.2ワイヤレステクノロジー
FaceTime HDカメラ
フルサイズバックライトキーボード
感圧タッチトラックパッド
USB-Cポート x 1
802.11ac Wi-Fi
Bluetooth 4.2ワイヤレステクノロジー
FaceTimeカメラ
フルサイズバックライトキーボード
感圧タッチトラックパッド
価格 134,800円(税別)〜 142,800(税別)〜

 

Mac mini

ついにリニューアルされたMac mini!

CPUが一新され4〜6コアに、メモリ最大が64GB、ストレージは最大2TB SSD!

HDMI、イーサーネット、USB-Cはもちろん、USB-Aもしっかり付いている。

もちろん外部GPUに対応。

正直、これを待っていた。

上記のMacBook Airも魅力的だが、持ち運ばないのであれば、Mac miniの方が拡張性もあり、CPUも4コア以上、価格もお手頃でオススメだ。

 

ちなみに、以前のMac miniのように自分でSSDやメモリを換装できるかどうかは不明。

しかし、その可能性は大いにある。

詳しくは下記記事をどうぞ。

新しいMac miniは、自分でメモリが換装出来るかも!その理由は・・・

2018.10.31

簡単にまとめると…

  • Intel第8世代CPU 4〜6コア
  • 最大64GBメモリ 2,666MHz DDR4
  • 最大2TB SSDのオーフフラッシュストレージ
  • T2 セキュリティチップ搭載
  • イーサーネット10Gb
  • HDMI2.0、USB-C x 4、USB-A x2 搭載
  • 89,800円(税別)〜
  • 11月7日発売

こんなMac miniを待っていた

私が現在使っているのはMac mini(2011)で、ディスプレイも揃えているので、買い換えるにはやはりMac miniが良い。

欲しいスペックでカスタマイズしてみたら、210,800円(税別)となった。【6コア Core i5、32GBメモリ、512GB SSD】

正直、安いとは思わないが、決して高くはない。

2011で7年戦えたのだから、今回買っても7年位は使えるだろう。

GPUが足りなかったら外付け変えばいいし。

そう考えると、年間3万円は非常に安い。

AdobeのCCの方がよほど高い。

 

ちなみに、最大スペックまでオプションを付けると、463,800円(税別)となる。

オプションでグラフィックボードが変更できないが、外付けGPUに対応しているので、大した問題にはならないと思われる。

ただ、そこまで出すならiMacもしくは、もう少し頑張ってiMac Proの方が良いかもしれない。

iPad Pro

iPad Proはデザインからスペックまで、フルモデルチェンジ。

まず、iPhoneXのようにフルディスプレイとなり、ホームボタンがなくなった。

今までの背面のカーブがなくなり、板状になった。Appleはこれを「魔法のガラス」と呼んでいる。

 

A12X Bionic搭載でかなりパワフルになり、処理速度が格段に上がった。

FaceIDにも対応し、横向きでも縦向きでもロック解除が可能。

ApplePencil(第2世代)が磁石でくっつき、同時に充電も可能になったので連携性がより上がった。

USB-Cになり、外部ディスプレイやカメラなどのアクセサリと接続可能。(iPhoneの充電も可能)

 

これだけの機能がついたので、「でもお高いんでしょう?」と誰もが思うはず。

そんな「iPad Pro」の価格は11インチが89,800円〜12.9インチが111,800円〜と、なんとiPhoneXSよりも安い!

前モデルのiPad Proから見ると、1万円くらいアップしているが、それ以上アップしても全然おかしくないスペックアップだ。

簡単にまとめると…

  • フルモデルチェンジ、フルディスプレイモデル、11インチと12.9インチ。
  • ホームボタンなくなった
  • Apple Pencil(第2世代)対応。磁石でくっついて充電もできる。
  • 厚さ5.9mm。前モデルより15%薄く、容積は25%小さくなった
  • FaceID対応。縦でも横でもOK
  • A12X Bionic搭載、90%速度が向上
  • ポートはUSB-Cで、外部アクセサリとの連携ができる
  • 12MPカメラ
  • 11インチ89,800円(税別)より
  • 12.9インチ111,800円(税別)より
  • 11月7日より発売
  • スペースグレイ、シルバーの2色展開

 

Apple Pencil(第2世代)

新しいiPad Proに磁石でくっつき、そのまま充電できるようになったのが特徴。

デザインはあまり変わっていない。

ペンにタップ機能が追加され、アプリによって動作が変わる。

Apple Pencil(第2世代) Apple Pencil
対応機種 12.9インチiPad Pro(第3世代)
11インチiPad Pro
12.9インチiPad Pro(第1世代、第2世代)
10.5インチiPad Pro
9.7インチiPad Pro
iPad(第6世代)
機能 自動ペアリング、ワイヤレス充電、磁力で取りつけ
ダブルタップしてツールを切り替え
タップしてスリープ解除
 高速なペアリングと充電

 

 

まとめ

Apple Eventで発表されたMacBook Air、Mac mini、iPad Proを紹介した。

全て素晴らしいバージョンアップとなっており、正直、全部欲しい!

(そんなお金もないし、必要もないんだけど)

 

MacBook AirもMac miniもしばらくバージョンアップされていなかっただけあって、

今回の発表にはかなりテンションが上った。

iPhoneXSの発表が霞んで見えるほどだ。

 

いずれのMacも価格的には安い部類に入るので、これからMacにしてみたいという人にも最適だ。

2018年は安いタイプから高いタイプまでリニューアルされたので、ぜひ自分にあったMacを探して欲しい。