新しいMac miniは、自分でメモリが換装出来るかも!その理由は・・・

Mac




2018年11月7日に発売される新しいMac mini。

CPUが4〜6コアになり、メモリが最大64GBまで対応とかなりのスペックアップとなった。

価格も89,800円(税別)〜と安く、かなり魅力的なMacとなっている。

 

ただ、デフォルトでは8GBのメモリが搭載されており、オプションでメモリを増やす形になる。

ちなみに16GBで+22,000円、32GBで+66,000円、64GBで+154,000円と結構な高額だ。

Mac mini(2012)まではメモリを自分で換装が可能だったが、Mac mini(2014)からメモリがオンボードになってしまい、換装が不可能になってしまった。

そして今回発表された新しいMac miniに自分でメモリを換装できる可能性がでてきた。

 

新しいMac miniの詳しい情報については、こちらの記事をどうぞ。

ついに来た!新しいMacBook Air、Mac mini、iPad Pro!これは期待以上だ!

2018.10.31

新しいMac miniはメモリを自分で換装できる!?

今回発表されたMac miniのページを見てみると、メモリがオンボードじゃない!

Mac mini(2012)と同じような仕組みになっているじゃないか!

 

ちなみに、下の写真がMac mini(2012)の背面。

メモリを固定している金属の部分がそっくりだ。

メモリの横に説明が書いてあるが、メモリを手前に引っ張って、固定している金属を横に引っ張るだけで、メモリが外れる。

そして、新しいメモリを差し替えるだけで、メモリの換装は終了。

とても簡単にメモリの換装が可能だった。

 

 

まだ新しいMac miniの実機があるわけでもないし、背面が簡単に外せるのか、メモリがサクッと外せるのか、まだ分からない。

しかし、見た目の仕様的に「自分でメモリ換装」に大きな希望が持てるんじゃないかと思っている。

 

自分でメモリを換装できれば、かなり安くメモリを増設できる。

ちなみに、Amazonで32GB(16GBx2枚)を買うと、35,180円。

Appleのオプションだと66,000円なので、30,000円も安く変えられる。

(下記商品が対応しているという意味ではないので注意。)

 

Mac miniは価格が魅力的な商品なので、こういう所で節約できると更に魅力的になる。

是非とも自分で換装できる仕様になっていて欲しいものだ。

 

追記 2018.10.31

アナリストのRene Ritchie氏によると、「Mac mini購入後にメモリを変更することが可能だが、AppleはApple Storeか正規サービスでアップグレートを行うことを強く勧めている」との事。