効率UP!ウィンドウを全画面で2つ並べる方法[Mac便利技]

Mac




Macで同時進行作業をしていると、ウィンドウを色々開くことが多々ある。

それどころか、1つのウィンドウだけで作業している事の方がむしろ少ない。

作業スペースを広く使えるiMacや外部ディスプレイを使っていれば、そこまで気にならないが、

Macbookを単体で使っていると、作業スペースがどうしても限られてくる。

 

ウィンドウの大きさを手動で変えて、表示し直すのも手だが、

「Split View」という機能がある。

これは開いてるウィンドウを簡単に左右に表示させる機能だ。

地味に便利なので、Macbookユーザーはぜひ知っておこう。

Split Viewを使う方法

1.設置したいウィンドウの左上にある緑色のボタンを長押し

2.長押ししたま、ドラッグして左右の設置したいところで長押しをはなす

ここではGoogle Chromeを右側に設置しようとしている。

右半分のところではなすと、半分いっぱいに設置される。

設置したところと逆側には、開いている他のウィンドウが一覧で表示される。

3.もう片方に設置したいウィンドウをクリック

こうすると左側にちょうどよく設置される。

全画面にスッキリ収まっている。

 

まとめ

地味な機能だが、同時進行や、何かを参照しながらする作業をする時に、とても役に立つ。

私がよく使っているのは、Webサイトを作っているときは、左側にソースを表示、右側に確認用のブラウザという並びだ。

ぜひ有効活用してほしい。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

ウェブデザイナー
男 1983年生まれ
”コンパクトなデバイス”、”マンガ”、”メガネ”をこよなく愛する。
イラストの肩に乗ってるのはめそ…じゃなくてペットのフェレット2匹。