iPad Pro 2018の予想スペック・機能。USB-C 4K出力、Apple Pencil2、A12Xプロセッサなど

ニュース・噂




Appleは今月、「新しいiPad Proモデル」や「新しいMac」を発表すると予想されている。

その多くはiOS12.1ベータ内のデータによって確認されている、と9to5Macは報じている。

 

その中で、「iPad Pro2018」はフルモデルチェンジすると見られている。

9to5Macが「iPad Pro2018」について報じているスペック・機能を紹介する。

 

iPad Pro 2018のスペック・機能

新しいiPad Pro 2018のデザイン

「iPad Pro 2018」は新しい11インチと、再設計された12.9インチ2種類と見られている。

両モデルもFaceID搭載ノッチなしフルディスプレイデザイン、ホームボタン・TouchID廃止、LightningポートをUSB-Cポートに変更などが噂されている。

10.5インチが11インチへのサイズアップとベゼルを薄くした分で本体は小さく12.9インチディスプレイサイズをそのままにベゼルを薄くした分で本体を小さくするようだ。

8つのモデル

「iPad Pro 2018」のWi-Fiモデルのモデルコードは、iPad8,1、iPad8,2、iPad8,5、iPad8,6。

また、セルラーモデルはiPad8,3、iPad8,4、iPad8,7、iPad8,8となっている。

11インチ、12.9インチの両モデルでWi-Fi、セルラーモデルが用意され、容量のオプションが2つあると予想される。

A12Xプロセッサ

「iPad Pro 2018」には、iPhoneXSに搭載されたA12プロセッサより高速なA12Xプロセッサが搭載されると見られている。

A12XにはA12よりも高速なGPUが搭載されることが確認されているようだ。

ちなみにA12Xのプロセッサの部品番号はT8027、コードネームはVortexとの事。

 

ディスプレイ

「iPad Pro 2018」はフルディスプレイで、これまでのようにホームボタンは搭載していない。

しかし、iPhoneとは違いiPad Proにはノッチはないようだ。

「iPad Pro 2018」のベゼルは薄型になっているが、Face IDに必要なカメラに対応するのには十分な幅があると報じている。

FaceID

「iPad Pro 2018」には、iPhoneXSシリーズと同じFaceIDが搭載される。

さらに、iPad ProのFaceIDは横向き・縦向きの両方で動作することが確認されている…が、逆さまでは機能しないようだ。

 

外部ディスプレイ

USB-Cポートを使用することで、「iPad Pro 2018」は4K HDRビデオを外部ディスプレイに出力が可能。

外部ディスプレイに接続すると、外部ディスプレイの解像度、HDR、輝度、などの設定ができる操作パネルがiPad Pro上に表示されるようだ。

 

新しいApple Pencil

「新しいApple Pencil」が「iPad Pro 2018」用にリリースされるとされている。

「新しいApple Pencil」は、AirPodsやHomePodのよう近づけるだけでiPad Proとペアリングできる。

Apple Pencilを充電ポートに接続しなくても、デバイスの切り替えが可能。

ただ、「新しいApple Pencil」が9.7インチiPadで動作するかは不明。

 

磁気コネクタ

「iPad Pro2018」にはアクセサリー用の新しく「磁気コネクタ」が付いている。

「磁気コネクタ」はiPadの背面にあり、新しいスマートキーボードやサードパーティーアクセサリなど、様々なアクセサリーの接続が可能。