新型「iPhone」の予想コンセプトムービーのクオリティが高い!

ニュース・噂




「iPhoneXS」が発売されて早3ヶ月。

もう時期iPhoneの噂がいろいろと飛び交っている。

そんな中、新型「iPhone」を予想したコンセプトムービーがYou tubeのアップロードされた。

そのクオリティの高さから、「これマジなのか?」と思ってしまうほど。

そのムービーがこちら。

 

まず気がつくのはノッチの小型化。

ノッチは継続かぁ。

ノッチ嫌いなので、小さくなるとは言えあまり喜べないかな。

 

次に表示されるのはUSB-Cポート。

これは歓迎すべき所。

iPad ProもUSB-Cになったし、iPhoneもUSB-Cになってもなんの不思議もない。

やっとAndroidとiPhoneで同じケーブルが使えるようになるかな。

 

サイドはエッジデザインで、ボタンは健在

マナーモードの切り替えスイッチが左右の切り替えではなく、上下の切り替えになっている。

私はこのマナーモードを切り替えるボタンが本当に好き。

ポケットの中で確認できるのがいい。

Androidはマナーモードにするのに、「電源」→「ロック解除」→「通知パネル」→「サウンド」とか手間がかかりすぎる。「ボリュームを一番下まで下げる」とかもっと嫌い。

iPhoneのマナーモード切り替えスイッチはずっと継続して欲しい。

 

そしてトリプルカメラ

うん、トリプルカメラを搭載するのは良いと思うけど…。

だせぇぇぇぇぇぇぇ!

え?なに?シール貼ってんの?バンカーリングかな?ってレベル。

もしiPhoneがこんなデザインになったら、叩かれまくりで、離れる人多いだろうなぁ。

iPhoneXSのカメラは(出っ張らなければ)まぁ許容範囲だけど、ここまで存在感出てきたら駄目だわ。

まぁ、Appleさんがこんなデザインにするわけないよな。

…ないよね?

 

最後にディスプレイ内蔵のTouchID。

これが搭載されたら素晴らしいな。

やっぱり前面の指紋認証が最強だわ。

FaceIDもいいけど、TouchIDの便利さには敵わんよ。

 

まとめ

「iPhone11」の予想コンセプトムービーを紹介した。

 

サイドはエッジデザインでカッコイイと思うが、ノッチが健在なのとトリプルカメラの存在感はいただけない。

デザインが落ちぶれたiPhoneとか、魅力度が相当ダウンしてしまう。

正直、こんなデザインになるとは思いたくはない。

 

ただ、コンセプトムービー自体のクオリティの高さはすごい

公式と言われても、私は信じてしまうかもしれないクオリティだ。

 

「iPhone11」が発表されるのは、例年通りなら今年の9月だろう。

まだまだ時間はあるので、これからも色々な情報が出てくるはずだ。

今年こそは「欲しい!」と思えるiPhoneが出てきて欲しい。

「iPhone SE2」とかね!