2019年のiPhoneにも指紋認証内蔵ディスプレイは採用しない模様

ニュース・噂




便利なTouch IDはもうiPhoneには採用されないのか。

海外の情報サイトMacRumorsは、「Appleは2019年のiPhoneにも指紋認証内蔵ディスプレイは採用しない」と伝えている。

2019年のiPhoneにも指紋認証内蔵ディスプレイは採用しない模様

公表したMacRumorsの情報元はAppleのアナリストでおなじみのMing-Chi Kuo。

Ming-Chi Kuoは「Appleは2019年のiPhoneに指紋認証内蔵ディスプレイは採用しない。その代わりにFace IDを引き続き採用し続ける」と予想している。

 

世の中で指紋認証の存在が薄れている訳ではない。

Androidを見てみれば、ほとんどの機種の背面に指紋認証センサーがエレキバンのごとく付いている。(一部前面、側面もあり)

また、中国メーカーのVivo指紋認証内蔵ディスプレイを世界で初めて採用したスマホ「Vivo X20 Plus UD」を発表・発売した。

SamsungもGalaxy S10で指紋認証内蔵ディスプレイを採用すると噂されている。

 

そんな中Appleはバッサリと指紋認証を切り捨てるようだ。

まぁ、これまでAppleがバッサリ切ってきたものは多々あるので、驚きはしない。

むしろAppleらしいと言える。

ちなみに、来週に発表が予想されるiPhone3種類全てフルスクリーンタイプでFaceID搭載、TouchID非搭載と噂されている。

 

Androidが指紋認証を積極的に採用する理由

また、Ming-Chi Kuoは「Androidのスマホを発売しているメーカーは、iPhoneとの差別化として指紋認証内蔵ディスプレイの採用を検討している」「iPhoneの顔認証の精度の高さには、Androidのそれと数年の技術の差がある」とも述べている。

Androidが顔認証ではなく指紋認証に力を入れるのは、この辺りに理由があるようだ。

 

FaceIDは3Dで顔認証をしているが、GalaxyやOnePlusなどは2Dで認識。

認識率暗いところでの認識など、顔認証についてはFaceIDが圧倒している。

そこにコストや時間を割くくらいなら、顔認証よりも他の所で差別化しようというのはうなずける。

顔認証が圧倒的に便利というわけでは無いのだから。

 

私は生体認証はスマホ前面にある指紋認証が最強だと思っている。

多少ディスプレイのサイズを犠牲にしてでも、前面に設置することを押す。

理由は以前記事を書いたので、興味ある方はどうぞ。

スマホの指紋認証はディスプレイ側にあるべき理由。背面の決定的な弱点。

2018.08.09