au、3Gケータイ(CDMA 1X WIN)の受付を終了。

レビュー・感想




auは2018年11月7日で「CDMA 1X WIN」、いわゆる3Gケータイの新規受付を終了した。

2003年11月より15年間サービスを提供していたが、「4G LTE」の普及に伴い、3Gの新規受付を終了したとのこと。

新規申し込みが終了したプランは以下の通り。

(現在使っている人は引き続き使え、料金プランの変更も可能となっている)

 

料金プラン・サービス名称
カケホ (3Gケータイ・データ付) カケホ (3Gケータイ)
プランZシンプル プランSSシンプル
プランEシンプル プランSシンプル
WINシングルフラットWiMAX (シンプル) WINシングル定額 (シンプル)
PHOTO-Uプラン PHOTO-U TVプラン
あんしんGPSプラン オフィスケータイプラン WIN
ぷりペイド

 

3Gケータイの新規受付終了により、「INFOBAR2」「MEDIA SKIN」「talby」「G9」などのデザインケータイや、私が大切にしている(た)「Walkman Phone, Xmini 」などが、新規回線では使えなくなってしまった。

「今後、それらのケータイを使うことが来るのか」と言われれば「恐らく来ない」なのだが、それでも寂しいのだ。

画期的だった「CDMA 1X WIN」

2003年にサービスが開始された「CDMA 1X WIN」は定額でパケット使い放題と当時画期的なサービスだった。

その頃、「パケ死」と言う言葉があった。

パケット通信がバカみたいに高いので、(1パケット0.2円=1MB 1600円とかだったかな?)ケータイでネットを観たり、写真を送ったり、着信音をダウンロードしたりすると、すぐに1万円オーバーしてしまう。

当時、ケータイ代に2〜3万円という人は、そこまで珍しくなかったように思う。

それが4000円位(だったかな?)で使いたい放題になったのは本当に画期的だった。

ネット回線が普通電話回線のISDNから定額+高速通信のADSLになったくらいの衝撃があった。

A5503SAに機種変更して1ヶ月くらいで「WIN」の発表があり、すぐに「WIN」対応のW11Hに変えた懐かしい思い出。

それからケータイでネットを気兼ねなく使えるようになり、着信音をダウンロードしまくったり、ナビを使ったり、動画を観たりと、パケットの節約を考えなくても良くなった

「WIN」の終了は、青春の一部が終了を迎えた感じだ。

 

ちなみに、auのケータイ図鑑でこれまでに発売された全てのケータイを見ることができる。

とても懐かしい機種もたくさんあるので、auを使っていた人は覗いてみると、きっと楽しいと思う。

 

 

ケータイの今後

これからauのケータイが欲しい人は、「4G LTEケータイ」から選ぶ形になる。

11月下旬には新しいケータイ「INFOBAR xv」が発売予定となっており、注目を浴びている。

他にもauのオンラインショップを覗いてみると10種類のケータイが並んでいる。

そのうち3種類が簡単ケータイ、1種類がキッズケータイなので、それほど選択肢が多い訳ではないけど。

 

ちなみに、ドコモの3G回線については吉澤社長が「3Gサービスについては、2020年代半ばに、できれば終了する方向で進めていきたい」と発言している。

ソフトバンクに関しては2018年1月にすでに1.5GHz帯と1.7GHz帯を使用している3G通信サービスを終了している。