2018年iPhoneはブルー、イエロー、ピンクモデルが登場?5cの再来か?

日記・レビュー




アメリカのメディア9to5Macが公表した情報によると、2018年に発売される液晶ディスプレイiPhoneのカラーはブルー・イエロー・ピンクになると予測している。

https://9to5mac.com/2018/05/14/2018-iphone-colors/

9to5Macより

今回は上記記事についての話。

2018年iPhoneはブルー、イエロー、ピンクモデルが登場?5cの再来か?

2018年に発売される液晶ディスプレイのiPhoneのカラーはブルー・イエロー・ピンクになると予測している。

 

2018年に発売されるiPhoneは有機ELディスプレイと液晶ディスプレイのバージョンが発売されると予想されている。

有機ELディスプレイは高額なため、本体価格がどうしても高くなる。

有機ELを使ったiPhoneXは10万円を余裕で超えている。

その為、安価なiPhoneとして液晶ディスプレイバージョンが用意されると予想されている。

高価なiPhoneとの差別化で、安価なiPhoneには明るいボディの色が採用されるだろうと語られている。

 

iPhone安価モデルと言えば

iPhone5cの存在に似ている。

アルミボディのiPhone5sに対して、安価なモデルとしてプラスチックボディのiPhone5cが発売された。

iPhone5cの時はグリーン、ブルー、イエロー、ピンク、ホワイトの5色展開で、ポップで可愛らしいモデルだった。

ただ、売上的には芳しくなかったようで、現在iPhoneの安価モデルはこのiPhone5cが最初で最後になっている。

 

それもそのはず。

iPhone5sとiPhone5cは本体価格が1万円くらいしか変わらなかった。

ボディがプラスチックになり、システムチップが1世代前の物になって1万円安。

 

またその頃は、iPhone5sもiPhone5cも一括0円とかでガンガン売られていた時期。

同じ一括0円だったら高い方を選ぶのが人間というもの。

殆どの人がiPhone5sを選び、iPhone5cを選んだ人は少なかった。

時代が違う?安価版が売れる時代に

iPhoneXを始めとして、10万円オーバーするスマホが珍しくなくなってきた。

スペックアップするとともに、値段もアップしてきている状況だ。

更に今は、(余計な)規制がかかって、スマホ本体の割引が少なく、高価なスマホが買いづらい。

 

そんな状況になっているので、特に日本ではiPhone5cの頃とは時代が違うと言える。

安価なモデルの方が好まれる可能性は大いにある。

先日発売した安価版iPadの売れ行きが好調なのも、理由の一つだ。。

 

さてこのタイミングの安価版iPhone。

今度は売れるのだろうか…。

まとめ

2018年のiPhoneは、iPhone5c以来の安価モデルが出るかもしれない。

安価モデルは液晶ディスプレイで、ボディが明るい色になる、と予想されている。

iPhone5cは振るわなかったが、時代が変わった今、安価モデルは選ばれるだろうか。