WWDC18で発表されたのはソフトウェア!MBP、iPhoneSE2、iPad Proは!?

レビュー・感想




WWDC18はソフトウェアの発表会

WWDC18の発表が日本時間2時から始まり、4時過ぎに終了した。

2時間近くの発表会。

発表された内容をさらっと書くと、

 

OSやアプリなどのソフトウェアのみの発表だった。

ソフトウェアは全体的に「コミュニケーションを取るという事におもむきが置かれている」という感想。

Siriがかなりのアップデートがされるようで、より便利に使えそうだ。

MacOSはダークモードがついて、見やすく、目にも優しそう。

iOS12対応デバイスは、iOS11と同じ。

iPhone5s以降から対応される。

古いデバイスでもパフォーマンスが上がるらしい。

ちなもにMacOSとiOSの統合は「NO」との事。

 

ハードウェアの発表は?

そして、大注目のハードウェアの発表は…

新しいMacもiPhoneもiPadも、ハードウェアの発表は一つもなかった。

 

発表の冒頭でクックが「今日はソフトウェアのみの発表」との発言。

噂されていた新しいMac Book Pro、iPhoneSE2、ベゼルレスiPad Proすべて登場しなかった。

 

まとめ

去年のWWDC2017は沢山のハードウェアが発表されたが、

WWDC18はソフトウェアの発表のみで、ハードウェアの発表は一切なし。

 

正直、がっかりしてしまったが、本来WWDCはディベロッパー向けのイベント

これが本来の形なのかな。

 

ハードウェアは今秋までお預けだ。

今後の情報を楽しみにしよう。

 

 

 

 

 

 

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

ウェブデザイナー
男 1983年生まれ
”コンパクトなデバイス”、”マンガ”、”メガネ”をこよなく愛する。
イラストの肩に乗ってるのはめそ…じゃなくてペットのフェレット2匹。