SMSを進化させた「+メッセージ」。LINEとどっちが便利?比較してみた。

日記・レビュー




大手携帯会社3社(docomo、au、Softbank)から新しいサービスが発表された。

今までのSMSを進化させた「+メッセージ」だ。

 

「+メッセージ」では携帯電話の番号だけでメッセージのやりとりができる。

写真や動画、スタンプも送れるので、イメージ的には「LINE」に近い。

と言うか、「LINE」に対抗して作った感がプンプンする。

 

そんな「+メッセージ」と「LINE」を比較してみた。

【2018.05.10追記】「+メッセージ」が稼働開始!

新しいSMS「+メッセージ」が9日から稼働開始!

2018.05.10

「+メッセージ」

SMSの進化系「+メッセージ」

「+メッセージは」電話番号だけでメッセージのやりとりが出来るが、今までのSMSでもメッセージは送れる。

SMSは電話番号だけで最大70文字のテキスト・絵文字を送れる、ガラケー時代からあったサービスだ。

しかしSMSは一通送るごとに数円の料金が発生する。

何度もやり取りすると、これが意外と馬鹿にならない金額になる。

また、SMSが送れるのはテキストと絵文字くらいで、写真・動画やスタンプ、グループでのメッセージには対応していない

 

「+メッセージ」はそのSMSの進化系となっている。

SMS +メッセージ
テキスト・絵文字

(他社携帯電話宛)

最大全角70文字 最大全角2,730文字
写真・動画 × (最大100MB)
専用スタンプ ×
グループメッセージ ×
音声メッセージ ×
地図情報 ×
利用料金 通話料金 パケット料金

ちなみにSMSはiPhone、Androidともにプリインストールされている「メッセージ」を使っていたが、

「+メッセージ」は専用のアプリのDLが必要となる。

「+メッセージ」がインストールされていない端末にはSMSでの送信となる。

 

配信日・配信方法

App Store、Google Playで配信される。

5月9日にAndroid版が配信される予定。

iOS版は「準備ができ次第提供」となっている。

 

「Android 4.4」以上または「iOS 9.0」以上のスマートフォンまたはタブレットで利用可能。

夏モデル以降のAndroidには「+メッセージ」がプリインストールされるとのこと。

 

利用できるのはdocomo、au、Softbankの3キャリアの回線を使っている端末。

リリース時にはMVNOには非対応だが、「導入希望に応じて検討をすすめる」とのこと。

 

「+メッセージ」と「LINE」

スマホを持っている人の、殆どが使っているんじゃないかと思える「LINE」。

「+メッセージ」と「LINE」どちらの方が便利なのか。

現時点(2018年4月10日)の情報で比べてみた。

 

「+メッセージ」と「LINE」の共通点

専用アプリでメッセージ・写真・動画・スタンプなどが送れる

チャット方式でメッセージはもちろん、写真や動画、スタンプや現在地などを相手に送ることが出来る。

添付ファイルの送受信もできる。

その際パケット通信を使うので、SMSのように通話料はかからない。

 

グループトークができる

1対1のメッセージはもちろん、複数人でのトークも出来る。

 

「+メッセージ」のメリット

電話番号だけで使える

電話番号だけ分かれば「+メッセージ」は使える。

「LINE」のようにIDやパスワードを設定する必要が無い。

IDやパスワードを忘れることはあっても、電話番号なら忘れないし、忘れても簡単に調べられる。

これが地味に便利だ。

LINEの使い方がわからない人や、LINEを頑なに拒んでいる人にも使いやすいはず。

 

セキュリティが高い

「+メッセージ」はIDやパスワードを必要としない。

携帯電話の番号だけで簡単にやり取りができる。

IDやパスワードは盗まれて、アカウントを乗っ取られる危険性が高い。

数年前に「LINE」では乗っ取りが横行して問題となった。

「+メッセージ」のように電話番号であれば、乗っ取られる危険性が低く、安心して使える。

 

連絡先のデータをサーバーに保存されない

「+メッセージ」は連絡先のデータをサーバーに保存することはないとのこと。

「LINE」はデフォルトのままだと連絡先のデータを読み込んで、「LINE」を使っている人を知らせてくれる。

これを意外と厄介に感じている人は多い。

電話番号を知っている、昔の知り合いにも「LINE」のお知らせが行ってしまう

「連絡を取りたくなかった人から、LINEで連絡が来た。」なんて話もたまに耳にする。

 

「LINE」のメリット

連絡先交換で電話番号を教えなくても大丈夫

連絡先交換をする時に、「この人には、電話番号をあまり教えたくないな」なんて時はあると思う。

「LINE」ならIDを教えればいいし、何か問題があったら簡単にブロックする事が出来る。

「LINE」はその気軽さが良い

 

無料通話・無料テレビ電話

「LINE」には友達同士で無料で通話ができる。

「+メッセージ」は通信会社のアプリなので、さすがに無料通話は出来ないと思われる。

それが出来たら、「電話し放題」プランが意味なくなってしまう。

 

あみだくじや日程調整が便利

「LINE」にはスケジュール調整やあみだくじなど、便利ツールがそろっている。

グループでのスケジュール調整、何かランダムで決めたい時のあみだくじ。

地味に便利。

 

同一アカウントでPCやタブレットで使える

「LINE」は同じアカウントで、スマホ、タブレット、PCと一台ずつ使える。

「+メッセージ」は電話番号でのやり取りなので、その電話番号を持っている端末以外では使えないと予想される。

 

まとめ

「+メッセージ」はあくまでも、SMSの進化系だった。

”無料通話”や”無料テレビ電話”、”便利機能”などができる「LINE」とは同じようで、全く違うものだと分かった。

 

始めのうちはMVNOにも対応しないみたいだし、

すでに「LINE」を使っている人は、「+メッセージ」に無理に乗り換える必要はなさそう。

SMSが少し便利になったのが「+メッセージ」。

その程度だった。