Apple、iPhone 7が好調?その理由。iPhoneSE2は?[iPhone]

スマートフォン・アクセサリ





産経ニュースより

 台湾の経済紙、経済日報が、Appleは、iPhone 8/8 Plus/X発表時に値下げを行ったiPhone 7が好調で、iPhoneのベストセラーモデルとなったことを受け、2018年上半期にiPhone 7を2000万台生産する計画を決めたようだと伝えている。
生産は、PEGATRON、Catcher、Largan Precisionによって行われるそうだ。

詳しい記事はこちら


iPhone8でもiPhoneXでもなく、iPhone7が好調とのこと。

すでに旧型となったiPhone7。

AppleStoreではiPhone8,Xが発表されたタイミングで全体的に1万円くらい値下げされ、

それに続き、docomo、au、Softbankも値下げした。

 

そのiPhone7が好調だという。

iPhone7が好調な理由

考えられるのは、値引きされてコスパが良くなった、もしくは新型(8、X)に魅力がないという事。

コスパがいい?

産経ニュースの記事の出処は台湾の経済紙。

台湾のスマホメーカーといえば「Acer」「HTC」が有名。

中国でくくれば絶好調な「HUAWEI」や「AUSU」「ZTE」などもある。

これらのメーカーが出していたスマホは、これまで格安スマホと呼ばれていた。

 

しかし、それらの格安スマホも、スペックやデザイン、クオリティを高めた結果、全体的に値段が高くなってきている

中には10万円オーバーするような機種もある。

 

そうなるとブランド力の高いiPhoneとさほど変わらない

そこに型落ちとは言え、1年前に発売されたiPhone7が1万円前後の値引き。

 

iPhone7とiPhone8を比べると

  • チップがより高速になった(A10→A11)
  • ワイヤレス充電になった
  • 背面がアルミからガラスになった

正直、このくらいしかない。

それなら、iPhone8よりも安いiPhone7を選ぶ人が多いのもうなずける。

iPhone7の買い時

来年の9月くらいになれば、また8、Xの次の機種発表され、

8、Xが安くなる可能性がある。

ただ、それを待っているといつまでも買えなくなってしまう。

iPhone7を買うなら、8、Xが発売されて間もない今(11月〜3月くらい)がいい。

それ以降なら8が安くなるのを待っても良い。

 

状態の良い中古が見つかれば、それも良いと思う。

 

iPhoneSE2の存在

コンパクト好きな人は、3月までは買い控えよう。

と言うのも、iPhoneSE2の存在がチラチラしているから。

 

コンパクトで割安感のあるiPhoneSE。

2016年3月に発売され、2017年3月に値引きと容量アップされた。

そうなると、2018年3月にも何か動きがあるんじゃないかと予想される。

現在、SEの後継機が最近見え隠れしている


産経ニュースより

『アップル、低価格iPhoneを刷新か 来年前半にも「SE」後継機種?』

詳しい記事はコチラ


 

コンパクト好きな私としてはiPhone7は少し大きい。

iPhoneSEのサイズはベストに近い。

ちなみに本当にベストなのはiPhone4、4s。

だが、私が持っているのはau版の3G回線なので通信が遅いし、そもそもMVNOで使えない。

iPhone SEに望むこと

  1. おサイフケータイ追加
  2. 本体の大きさのキープ(もしくは更なる小型化)
  3. デザイン的な意味での背面のガラス化(無線充電はいらない)
  4. TouchIDの高速化

1と2さえクリアしていたらSEに決定。

それ以外の場合、iPhone7にするか、XperiaZ5compactの継続使用かな。

 

まとめ

iPhone7は型落ちとは言え、まだまだ新製品感のある機種。

値下げにより値段も手頃になったので、買っても損はない。

 

ただ、コンパクト好きはiPhoneSEの後継機種の発表を待ったほうが良い。

おそらく動きがあるのは2018年3月。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

ウェブデザイナー
男 1983年生まれ
”コンパクトなデバイス”、”マンガ”、”メガネ”をこよなく愛する。
イラストの肩に乗ってるのはめそ…じゃなくてペットのフェレット2匹。