新しいMacBook Proのバタフライ式キーボードは改良されている

Mac




新しい「MacBook Pro」に採用されたバタフライ式キーボードは、構造が改良され、静音性能の向上とともに、キーの下にゴミなどが入り込みにくい構造になった。

 

キーボードの改良は、iFixitが行ったMacBook Proの解体によって明らかになった。

解体した際にMacBook Proの各キーの下に「薄いシリコン」を発見した。

「これは明らかにキーの下にゴミやホコリ等が入ることを防止・軽減するための設計だ」と語っている。

また、「薄いシリコン」によってキーのタッチ音が静かになったのは副産物とのこと。

 

2015年のMacBook Proから採用されたバタフライ式キーボードは、不具合が多く、Appleは一部のMacBook ProとMacBookを対象に「キーボード修理プログラム」を行っている。

修理プログラム対象になっているのは第一世代と第二世代のバタフライ式キーボードを採用している機種。

新しい「MacBook Pro」は第三世代バタフライ式キーボードとなる。

この第三世代は「薄いシリコン」によってが故障しにくくなっているのか。

また、タイピング感はどんな感じになるのか。

今後の情報が待たれる。

 

iFixitはこの件を2分の動画にまとめて紹介している。

 

新しいMacBook Proについてはこちら

突然発表された「MacBook Pro 2018」ついに6コア、メモリ32GBも可能に!

2018年7月13日