iPhone XS、iPhone XS Plusのクローンモデルが作られる。

ニュース・噂




新型iPhoneのクローンモデルが作られたようだ。

クローンモデルが作られたのは、5.8インチ(iPhoneXS)6.5インチ(iPhoneXS Plus)の2種類で、2機種を一緒に並べた画像6.5インチを手に持った動画が公開された。

公開したのはiPhoneリーク情報をツイートすることで有名なBen Geskin

iPhone XS、iPhone XS Plusのクローンモデルが作られる。

クローンモデルとは、本物の外観そっくりに作り上げた非正規の製品の事を指す。

前回Ben Geskinは3種類のダミーモデルの写真を公開したが、その時は外観のみのモデルだった。

今回はディスプレイがはめ込められ、OS(恐らくiOSに似せたAndroid)も入っているように見える。

5.8インチ、6.5インチは有機ELモデルなのでベゼルは狭くなるはずだが、クローンモデルでは表現できなかった為か、厚めのベゼルになっている。

 

6.5インチはiPhone8 Plusと同等程度の大きさとの噂だが、印象ではもっと大きいように感じる。

液晶の大きさがそう思わせるのだろうか。

 

ここまで大きくなると、価格は一体いくらになるのかが非常に気になる。

以前の記事ではiPhoneXと同じ999ドルからスタートという噂もあるが、果たして。

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

ウェブデザイナー
男 1983年生まれ
”コンパクトなデバイス”、”マンガ”、”メガネ”をこよなく愛する。
イラストの肩に乗ってるのはめそ…じゃなくてペットのフェレット2匹。