Photoshop CCでカンパスサイズが変更できない場合[Photoshop便利技]

Photoshop




先日、仕事仲間から貰ったPSDデータを編集しようと思った時に、なんか変だなと思った。

カンパスサイズの変更をしようとして、数字を入れて確定しても、サイズが変わらない。

何事もなかったようにそのままの解像度で存在してる。

また、画像が2つに別れていた。

 

Photoshopに関しては私よりも詳しい仕事仲間のデータなので、おそらく変な作り方はしていないだろう。

おそらく私が知らないだけだ。

 

ここで仕事仲間に聞くのは簡単だけど、それは負けた気分になってダメ。

意地でも自分で解決する。

 

そして苦労して調べた結果、Illustratorと同じようにPhotoshopでもアートボードが使えるようになってた。

マジか…。

【2017.11.22追記】

アートボードの説明とサイズ変更、アートボードをカンパスに変換する方法を紹介する。

アートボードとは?

アートボードはサイズの異なる複数のデザインを制作する時に、1つのファイルとして扱える

例えば、内容が同じでサイズが違う複数のバナーを作る時に便利だ。

今までは、サイズごとにファイルを分けてたのが、1つのファイルで完結できる。

うん。たしかに便利だ。

 

ただ、アートボードはカンパスと同じような概念なのに、別物として扱われる。

そもそも共存しない。

画像のサイズを変えようと思った時、アートボードの時はアートボード、カンパスの時はカンパスでサイズを変えるようだ。

 

PhotoshopCC2015からの機能なので、それ以前のPhotoshopで開くと化ける可能性ある。

アートボードの見分け方

アートボードで作られたファイルをレイヤーパネルで見ると、

グループっぽくなっているがフォルダマークは出ていない。

 

アートボードだとカンパスサイズを換えてもダメ

今まで通り、「カンパスサイズ」を指定しても

何事もなかったように、解像度はそのまま。

 

アートボードのサイズを変更する

それでは、アートボードのサイズの変更方法をご紹介。

1.「移動ツール」を長押し→「アートボードツール」を選択

2.対象のアートボードの端をドラッグでサイズの変更ができる

 

「アートボード」を「カンパス」に変換する

「やっぱり今まで通りのカンパスの方が良い」って方はコチラ。

1.レイヤーパネルの「>」がついたレイヤーを右クリック

 

2.「アートボードをグループ解除」をクリック

するとグループ解除になったような状態になる。

これで今まで通りの「カンパス」での作業ができる。

 

まとめ

私は会社ではCCだが、自宅でCS6を使っているので、暫くはアートボード機能を使うことはないだろう。

CS6で戦えなくなって、いよいよCCにしたらアートボードを使おうと思う。

 

私のように「カンパスサイズが変わらん!」とお嘆きのあなた、時代に取り残されないようお互いがんばろうな。