『キングスマン:ゴールデン・サークル』感想[ネタバレ有り]

レビュー・感想




こんにちは。ユウスケです。

 

2018年のお正月映画で一番の注目『キングスマン:ゴールデン・サークル』を観てきた。

一作目を観たのが2014年だったので、再度見直して万全の体制で鑑賞。

結果から言うと、一作目が好きなら「ゴールデンサークル」も相当おすすめ

ここからはネタバレが含まれるので注意。

『キングスマン:ゴールデン・サークル』感想

キングスマンとは

スパイ映画と言えば「007」や「ミッション・インポッシブル」が有名。

個人的にはそこに並べてこの「キングスマン」も並べたいくらい好き。

 

「007」「ミッション・インポッシブル」に比べて、「キングスマン」はギャグが多め。

ギャグを含ませることによって、人が爆発したりばらばらになってもグロさを全く感じさせない。

 

例えば一作目のお偉いさんたちの頭が花火のように打ち上がるシーン。

本来は血が撒き散らされて、相当黒くなるはず。

その爆発をBGMと合わせた花火に見立てるギャグにしてあるので、全然グロくないのだ。

頭のない死体も血を撒き散らしていないので、全くグロくない。

グロが苦手な私でも楽しく観られる。

 

またスパイ映画の見どころとして、派手なアクションや近未来的なアイテムがある。

「キングスマン」もしっかりとそこは抑えている。

弾丸を弾き銃にもなる傘や、火炎放射器になるライター、Googleグラスを思わせる通信機能付きのメガネなどなど。

他のスパイ映画好きも間違いなく楽しめる。

「キングスマン:ゴールデン・サークル」の感想

上映時間は2時間20分となっていて、結構長めな作品になっているが

それを感じさせなかった。

テンポが良いので、全然飽きずに観られる。

 

まず、前作で好評だったであろうアクションが多めになっていた。

キングスマンのアクションの特徴として、独特のカメラアングルにBGMをあわせた、踊るような戦闘。

基本的に敵の銃弾には当たらないので、安心して楽しく観られる。

 

戦闘では前作でも活躍した傘を始め、電機ムチやハッキングできる時計、ロボ番犬など

新たなアイテムを駆使してて、ガシェット好きとしてはかなり楽しい。

 

キャラは前作からしっかり引き継いでる

が、メインキャラ以外はあまり優遇されない。

前回のヒロインのランスロットちゃんやJBは、あっけなく早々に退場…。

マーリンも死亡フラグを立ててすぐに退場。

新キャラのウイスキーは主人公に強さを見せつけるも、全然役に立たず冷凍保存。

最終的なボスキャラ、テキーラはミンチ。

 

逆に意外だったのが、女王様。

一作目の最後のオチとして使われただけかと思ったら、まさかのヒロインに昇格。

下ネタもしっかり引き継いで。

 

ストーリーは「そんな馬鹿な」と思うところが多々あるが、単純でいい

大統領やテキーラの「ジャンキーはみんな死ねばいい」という考えに対して、

主人公たちは「ジャンキーだっていいやつはたくさんいる!そんなことはさせないぞ!」って感じ。

ヒロインである女王がジャンキーだったのには笑った。

突っ込みどころがあっても「キングスマンだし、まあいいか」と全然気にならず楽しい。

 

 

まとめ

他のスパイ映画に比べて、ギャグテイストが多めなので

安心してアクションや近未来ガシェットが楽しめる。

長めの映画だが、中だるみなく楽しめる作品だった。

 

一作目からの引き継ぎ要素が多いので、観に行く際は一作目を観てからがオススメ。