『スターウォーズ 最後のジェダイEP8』感想[ネタバレ有り]

レビュー・感想




2017年12月15日に公開となった『スターウォーズ 最後のジェダイ(EP8)』。

2年前に公開されたEP7に続く話。

↓からは『スターウォーズ 最後のジェダイ(EP8)』について

ガッツリとネタバレをしながら感想を書く

スターウォーズ 最後のジェダイ(EP8)とは

スターウォーズシリーズの8作目。

EP7・8・9と3部作構成になっているので、真ん中の作品となっている。

EP7のすぐ後の話で、数日〜長くても数ヶ月と思われる。

 

自分はニワカファンなので、ウンチクは他のサイトで確認してもらうとして、

ここからは個人的な感想を。

スターウォーズ 最後のジェダイ(EP8)の感想

公開前の盛り上がり

今回感じているのは、公開前の盛り上がりが少ないこと。

TV、ネットでの取り上げられ方が少ないなと感じていた。

また、個人的にも盛り上がりが少なかった。

 

というのも、EP7が公開する時は、久しぶりの新作が観られるので

それまでのうっぷんが晴らされるような盛り上がりだったからだ。

 

ちなみに、EP7は色々叩かれてはいたが、個人的にはとても好きな作品

EP4,5,6のオマージュがガッツり詰まった作品で、ファンサービス満載だった。

主人公のレイ、元ストームトルーパーで脱走兵のフィン、レジスタンスパイロットのポー、敵側のカイロレン。

そしてEP4,5,6で活躍したルーク、レイア、ハン・ソロがキャストをそのままに出演。

ダース・ベイダーのような魅力を持っているキャラはいないものの、個々の魅了が十分に出ている作品だった。

 

その1年後のスピンオフ作品「ローグワン」は、本編から外れているストーリーなので盛り上がらなくても仕方ない。

ジェダイが出てこないので、自然とライトセイバーも出てこない。

それでもしっかりとスターウォースしてた。

 

そしてEP7から2年後の2017年12月。

EP8の公開。

結論から言うと、私には全然ダメだった。

何がしたいのか分からない作品。

 

思い出しながらまとめてみた。

 

良かった所

レイとカイロ・レンのライトセイバーのチャンバラ

これが出てくると、スター・ウォーズ観てるな!と感じられる。

敵もブラッドボーンを思い出させる、ムチ・槍・双剣に変形できる武器を使っていた。

ここはかっこよかったな。

(ちなみに、一番好きなチャンバラシーンはEP1のクワイ=ガン・ジンvsダース・モール)

R2-D2とルークとの再会とその行動

R2-D2とルークの再会、レイに何も教えないルークに対してR2が取った行動。

再生したEP4のレイア姫がオビ=ワンに助けを求める映像を再生

そしてルークが「ずるいぞ」と。

これは胸にぐっと来た。

 

ダメだった所

何がダメって、作戦のやることなすことが、行き当たりばったり。

レジスタンスもファーストオーダーも。

誰も何も成してない。何も話が進んでない。

両方のリーダー的存在が死んだってだけ。

 

レイ(ジェダイ見習い?)

→ルークに帰れって言われ、相手にされない

→カイロ・レンとよくわからんコンタクト。カイロ・レンを説得してるつもりが、敵側の作戦。

→ルークにほとんど何も教えてもらえない

→ルークが修行を付けてくれるといって、初めのステップでダークサイドに落ちかける

→ダークサイドに落ちかけた場所に望むものがあると思い、行ってみるも収穫なし

→敵陣地に乗り込むも、敵ボスに手も足も出ず

→前作からの「両親は誰なんだ」問題。結局なんでもない人。レイを酒代の為に売って、その辺で死んだらしい。

→チューバッカのファルコン号に砲撃手として、ポー、フィンの作戦の囮役になるが、彼らはすぐに撤退

→レジスタンスを逃がすのに、道を塞いでいた岩をフォースで持ち上げる。

ポー・ダメロン(レジスタンスパイロット)

→敵大型戦艦ドレットノートを落とすも、味方にも甚大な被害

→命令無視と甚大な被害のあわせ技で、レイアに降格を言い渡される。

→秘密の作戦を執行するも、知らされていなかった本当の作戦の邪魔者に。

→基地の防壁を守るために出撃したものの、何もせず退却

 

フィン(元ストームトルーパー)

→レイの為といい、ピンチの艦から逃げ出そうとして、整備士に咎められる

→敵のバリアを破る人を迎えに行くも捕まってしまい、他の人を連れていくも、裏切られる

→元上司のファズマにボコられる。

→基地の防壁を守るために相手の巨大武器に特攻しようとするも、味方に体当たりで妨害されいいトコなし。

 

ルーク(ジェダイマスター)

→EP7であんなにカッコよく登場したのに、その後の瞬間、ライトセイバーをポイッと捨てる

→ベン・ソロがダークサイドに落ちたので、いじけて引退。

ジェダイは滅びる時だと言い放つ。

→昔ベン・ソロの暗黒面にビビり殺そうとし返り討ちにあい弟子を殺される&持って行かれる。

(ベン・ソロがカイロ・レンになったのはこのせい。)

→レイのフォースにもビビる

→ジェダイの寺院・書物を焼こうとするも、自分ではできない。

霊体ヨーダに説教される

→レジスタンスを逃がすために、引きこもりの島から幽体離脱?みたいなのをして助けに来る

→その状態でカイロ・レンと戦うが、ダメージ受けないし、ダメージ与えられない。

→伝説的なジェダイマスターなのに時間稼ぎ役。

幽体離脱のせいで死ぬ

 

レイア(レジスタンスリーダー)

→レジスタンスのリーダー。作戦練ったり指示したりしてたんだろうけど、その描写なし。

あっけなく死…と思いきや生きてるんカーイ。フォース使えると宇宙でも生きられるのね。

→復活し、それを喜んでるポーを撃つ

→ピンチの艦から脱出し、基地のある惑星に着いて救難信号出すも、誰も来てくれない。

→幽体離脱のルークに会うも、幽体離脱と気がつかない(たぶん)

→結局レジスタンスの象徴なだけ。

 

BB-8(ロボ)

→今作品、唯一の有能。

 

R2-D2(ロボ)

→ルークとの再会!レイに修行をつけるようルークに進言。出番以上。

 

チューバッカ(ウーキー族)

→ハン・ソロいないファルコン号の操縦者。物足りなさが半端ない。

→ルークの島で可愛い動物連れてる。

→ハン・ソロいないと何言ってるか分からない。

 

ヨーダ(幽体)

→EP4,5の頭おかしいヨーダのまま

→ルークが寺院、書物を焼くのに躊躇してたから、ライデイン(雷落とし)して代わりに焼く

ジェダイなんか古い遺産だから滅んでいいとルークに説教。

 

カイロ・レン

→レイに負けたことをスノークに怒られる

→まーた癇癪起こす

→よくわからんフォースでレイとちょくちょくコンタクトとる。

上半身裸でコンタクトとって、レイにセクハラ

→ルークに殺されかけた、とレイにチクる。

→ライトセイバーを遠隔起動して、スノークを真っ二つに。下克上

→ジェダイもシスも古い。レイと2人で新しい世界を作ろうと誘うも、振られる

→最高指揮官になって、レジスタンスを攻めた際、現れたルーク(幽体)に必要以上の一斉射撃

→一斉射撃が効かなかったので、一対一での決闘をする

→ルークの幽体に気が付かず、ひとりでライトセイバーをブンブン。

→ルークの挑発でやっとライトセイバーを当てるが、幽体なのですり抜ける。効かない。

→ルークの時間稼ぎにまんんまとひっかかり、レジスタンスの逃亡は成功

 

スノーク

→ファーストオーダーの最高指揮官で、かなり遠隔の人間の操作もできるほど強いはずなのに、手回ししかしない。

→レジスタンスがジャンプで逃亡した時、指揮官のハックス将軍の作戦を知らず、無能呼ばわり。

→作戦があること知ったら、突然機嫌を直して有能呼ばわり。

→レイをダークサイドに引込みたくて、カイロに命令。コンタクトをとる手助けする。

→レイの事に気を取られ、椅子の肘掛けに置いておいたライトセイバーをカイロ・レンに遠隔起動され、サクッと真っ二つ。

→あれ?生きているのかな?と思わせて結局死んでる。

 

キャプテン・ファズマ

→EP7で準主役級の扱いで紹介されるも、いいところも出番もほとんど無し。

→EP8でリベンジかと思われたが、油断した所を元部下(フィン)にやられて火の中に落ちる。

 

その他も色々なキャラがいるけど、みんなグダグダ。

その他

・フォースの能力、なんでもOKになってる。

これまでフォースでできなかったことを、簡単にやってのける。そこにシビレもしなければ、憧れない。

例)ライトセイバー遠隔起動、遠隔通信、宇宙空間でも生きて移動できる、幽体離脱

 

まとめ

ジェダイマスターだろうが、ファーストオーダーだろうが、

悩みもするし、恐れもするし、ミスも油断もする。

実に人間臭い作品じゃないか。

映画に絶対的ヒーローや絶対悪を求める自分には、あまりに酷な作品だった。