ドロップシャドウで更に文字をはっきり見せる[Illustrator便利技]

Illustrator




背景に写真を使っている時に白文字を置くと、読みづらくなってしまう事が多々ある。

そんな時に使うのがドロップシャドウ。

でも、ドロップシャドウだとボケを大きくすると、薄くなってきてしまうのと、

一定の濃さ以上にはならない。

そんな時に使いたいのがアピアランスの「光彩(外側)」重ねがけ。

ドロップシャドウの欠点を補う「光彩(外側)」

先程も書いた通り、ドロップシャドウだと意外と薄くて文字が際立たない時がある。

これはドロップシャドウの不透明度を100%にしている。

文字として分かるけど、そこまで見やすくない。

そんな時に光彩(外側)の重ねがけをすると、こうなる。

「光彩(外側)」を重ねがけの方が見やすくなり、小さい文字も読みやすくなっている。

「光彩(外側)」の重ねがけの方法

1.アピアランスで文字に「光彩(外側}」をかける

2.光彩(外側)の”描写モード”を「乗算」、”不透明度”を「100%」にして「OK」

すると文字に光彩(外側)が付く。

3.再度アピアランスで文字に「光彩(外側}」をかける

4.描写モード/不透明度はそのまま、ぼかしを先程より大きく

この画面が出てきたら「新規効果を適用」を選択する

これで2つ光彩(外側)がついた。

これで設定は完了。

4.光彩(外側)のぼかしで微調整する。

後は好みでぼかしで微調整しよう。

 

まとめ

アピアランスを2つ重ねることになるが

写真の上に白文字を載せる時は、「光彩(外側)」重ねがけの方が

見やすい上に、調整がしやすい。

写真に文字を載せる事が多い人は、ぜひ覚えておこう。