復元はTimemachineより便利。Dropbox。[Mac便利技]

Mac




クライアント「さっきの直し、やっぱり無しで。もとに戻しておいて」

仕事をしていて、よくある。

 

そんな時のために、ファイルを更新するたび別ファイルとして保存していた。

でも簡単な修正だとそれをしなかったり、間違って上書き保存したり、

そもそもバックアップを忘れちゃったりする。

 

「それでもまだTimemachineがある!」と思って覗いてみたら、

まだバックアップが取られる前だった。なんてことはよくあること。

 

さて、そんなお悩みのあなたにおすすめなのが、

クラウドストレージサービスの「Dropbox」。

クラウドサービスの定番として君臨しているDropbox。

多くのデバイス間でファイル共有できて便利だ。

 

このDropboxがなぜオススメかというと、

Dropboxは上書き保存したファイルでも、その前のファイルも自動で残してくれているからだ。

私はこれに何度もそれに救われたことがある。

 

Dropboxへのお礼の意味も込めて、ファイルの復元方法を紹介する。

 

 Dropboxのおすすめの使い方

1.Dropboxをインストールする

ちなみにここからインストール(登録)すればあなたの容量(と私の容量)に500MBのボーナス容量がもらえるのでぜひ!(無料アカウントの容量は2GB)

 

インストールをすると、Finderに「Dropbox」の項目が追加される。

他のフォルダと同じようにつかえばOK。勝手にクラウドにアップしてくれる。

ちなみに、アップが済んだファイルは緑丸のチェックが付く。

 

2.作業中のファイルをDropboxのフォルダに入れる

 

作業のフォルダごと入れてしまった方が、案件ごとに分かりやすくてオススメ。

ただ、無料ストレージは2GBなので、重いファイルを使いたい場合は有料アカウントにアップグレードすれば問題なく使える。

ちなみに個人向け有料プランは1000円/月で1TB(1000GB)となっている。

 

3.ファイルを上書き保存する。

どのファイルでもいいので、編集して上書保存してみよう

すると、Finderの中のマークが青でくるくるまわり始める。

これが緑になったら更新の同期が完了されている。

 

4.もとに戻したいファイルを右クリック→「バージョン経歴」をクリック

すると、ブラウザDropboxにジャンプする。

その中に最新ファイルと、更新される前のバージョンのファイルもある。

 

5.戻したいバージョンのファイルの右側の「復元」をクリック

バージョンの復元の確認ウィンドウが出てくるので、さらに「復元」をクリック

するとどうでしょう。

匠の技(Dropbox)でファイルが瞬く間に更新前のファイルに大変身。

これにて一件落着。

 

まとめ

いかがだろうか。

ファイルの復元がいかに簡単に取れるかがわかったと思う。

使っていない人は、ぜひ一度試してほしい。

そして、できればボーナス容量が付くここから登録を!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

ウェブデザイナー
男 1983年生まれ
”コンパクトなデバイス”、”マンガ”、”メガネ”をこよなく愛する。
イラストの肩に乗ってるのはめそ…じゃなくてペットのフェレット2匹。