保存する時に、目的のフォルダを一瞬で選択する方法[Mac便利技]

Mac




ファイルを保存する時、目的のフォルダを一瞬にして選択する方法がある。

相当簡単なので、知っておいて損はない。

 

仕事がいくつも同時進行していると、指定するファイルの選択がとても面倒くさい。

ファイルを保存する時、階層が深いと選択するまでに何度もクリックすることになる。

そんな時にとても役に立つ方法。

 

保存ウィンドウに、保存したいフォルダをドラック&ドロップ。

それだけ。たったそれだけで超便利。

 

これだけだとつまらないので、後半でこれを更に便利にする方法も紹介。

保存する時に、目的のフォルダを一瞬で選択する方法

 1.保存場所を指定するウィンドウを開く

下の状態では「デスクトップ」に保存する状態になっている

 2.保存場所を指定するウィンドウに、保存したいフォルダをドラッグ&ドロップ

「images」フォルダに保存したい場合は、「images」フォルダをドロップする。

保存先が「images」になった。

覚える必要ないくらい、直感的な操作。

特にWeb制作の時はフォルダの移動が多いので、とても役立つ。

 

保存する時に、目的のフォルダを”更に便利に”選択する方法

1.Findeを表示している状態にする。(メニューバーにFinderが表示されてる)

2.メニュー「表示」→「パスバーを表示」

すると、Finderの下にパスが表示される。

3.表示されたパスから、保存したいファインダをドラッグする。

このパスからもドラッグ&ドロップ可能。

まとめ

よくMacは直感的に操作できると言われている。

この操作も確かに直感的だが、常識にとらわれて、なかなか気が付かない。

逆に、知ってしまえばすぐに使いこなせる便利技




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

ウェブデザイナー
男 1983年生まれ
”コンパクトなデバイス”、”マンガ”、”メガネ”をこよなく愛する。
イラストの肩に乗ってるのはめそ…じゃなくてペットのフェレット2匹。