後ろにあるウィンドウをそのまま動かす方法[Mac便利技]

Mac




Macで複数ウィンドウを開くと、いくつも重なって後ろのウィンドウが見られなくなる。

そのウィンドウを見たい場合、後ろのウィンドウを前面に持ってきてから動かすと思う。

今回は、その後ろにあるウィンドウを、後ろにあるまま動かせる便利技。

地味だけど、意外と使える。

今のMacbook Pro や Macbook はretina液晶なので、

解像度が高く作業スペースが広くとれて羨ましい。

 

私が持っているMacbook Pro 2012はretina液晶ではないので、

作業スペースが相当限られてる。

ウィンドウをいくつも開くと、すぐに重なってしまうのだ。

 

普段はデスクトップの大きい画面で作業をしているので

Macbookの作業スペースの狭さは、結構ストレスになる。

 

そこでストレスを解消するために、すこ~しだけ役立つ機能の紹介。

 

後ろにあるウィンドウを、前面にせずに移動させる方法

[Command]を押しながら、後ろにあるウィンドウをドラッグする。

こうすると、前面にあるウィンドウが変わらないまま、後ろのウィンドウを動かせる。

今回は写真だと分かりにくいので、Gifアニメにしてみた。

前面のウィンドウをそのままに、後ろのウィンドウを動かせてるのがわかると思う。

 まとめ

実際、後ろのウィンドウの上部バーが表示されていないと移動ができないので、

使いたい時にバーも隠れてるとこの技は使えない。

使える条件が限られているけど、知っておいて損はない。