アニメ「からくりサーカス」第14.5話の 感想/Amazonで観られない

マンガ・アニメ




TVアニメ「からくりサーカス」14話までの総集編となる第14.5話「幕間~そしてまた開幕ベル~」が放送となった。

しかし、Amazonプライム・ビデオでは視聴不可能なため、残念ながら感想は書けない。

14.5話のTwitterでの反応はこんな感じ





 

Twitterで言ってる人もいるけど「総編集やるんだったら、1話でも多くやってくれよ」と、そんな事をどうしても思ってしまう。(アニメ制作の内情は知らないので、勝手なことを言っているのは重々承知。)

時間がないのは分かってるけど、やっぱり好きなシーンが削られるのは非常に悲しい。

駆け足感が半端なくて、「次、はい次」と急かされている様なストーリー展開に落ち着いて観てられない

 

特に10話の「師父vsパンタローネ戦」〜14話の「真夜中のサーカス編」までの端折り方が非常に気になった。

鳴海はもちろん、ルシール、ミンシア、師父、ファティマ、ロッケンフィールド、コロンビーヌ、みんなそれぞれにストーリー、名シーンがあるのに、殆ど語られる事はなかった。

ダール、イワノフに関しては存在すら…。

 

展開早すぎて、キャラへの愛着やストーリーの密度が非常に薄く感じてしまった。

これは原作の先入観があるからそう感じるのか…、アニメから入った人にはどう見えているのか、ぜひ教えていただきたい。

そして、アニメが終わってから原作をぜひ読んで欲しい。

(原作を先に読むと、アニメが辛くなる可能性あり)

 

原作者 藤田和日郎の気になったツイートを紹介










 

 

からくりサーカスの進行状況は下記記事でまとめている。

TVアニメ「からくりサーカス」はどこまで進んだ?原作と比較(第18話まで反映)

2018年10月30日