アニメ「からくりサーカス」第24話 感想・考察/鳴海、限界状況を突破「何度でも超えるさ」

マンガ・アニメ




TVアニメ「からくりサーカス」の24話 「脱出」が放送となった。

私はテレビで見られる環境にないので、Amazonプライムでの視聴。

「からくりサーカス」第24話の感想を書く。
ネタバレありなので、原作を読んでない人は注意。

からくりサーカスの進行状況は下記記事でまとめている。

TVアニメ「からくりサーカス」はどこまで進んだ?原作と比較(最終話反映)

2018年10月30日

TVアニメ「からくりサーカス」第24話 「脱出」 感想

あらすじ

ついにゾナハ病治療マシーン・ハリーのもとに辿り着いた鳴海とミンシア。しかし、バンハートたち研究者は二体の自動人形、ブロム・ブロム・ローとドリル・セプテンバーによって瀕死の状態となる。一刻も早く手当てをするため、二手に分かれて戦うが、ミンシアがブロム・ブロム・ローの凶刃に倒れてしまう。

 

ストーリー

ゾナハ病治療マシーン・ハリーの元にたどり着いた鳴海とミンシア。

そこではハリーの開発者バンハートたちが2体のオートマータに襲われていた。

バンハートたちを一刻も早く手当するために、鳴海はドリル・セプテンバー、ミンシアはブロム・ブロム・ローと別々に戦うことに。

鳴海はミンシアのことを心配するが、ミンシアは鳴海に「あいつに勝ったら、私のことを『姉さん』を取って呼んでよ」と約束を取り付ける。

鳴海とドリル・セプテンバーの戦闘が始まる。

これまでのオートマータよりも強いドリル・セプテンバーだが、鳴海をナメてかかり、逆にカウンターを当てられ退場。

鳴海は難なくドリル・セプテンバーを倒したが、その傍らではミンシアがブロム・ブロム・ローに苦戦していた。

ミンシアはブロムに「気」を込めた発勁を当てるが、ブロムには効かない。

そしてブロムからの反撃を受け、剣で右手と体を引き裂かれてしまう。

ブロムは「人間は自分の限界を客観的に認識できない。だから負けるのさ」とあざ笑う。

 

その頃、建物の外ではギイが一人で大量のオートマータを相手にしていた。

しかし、ギイはフェイスレスから受けた傷も癒えておらず、体力が限界に来ていた。

 

そして鳴海とブロムの戦闘が開始される。

鳴海は一撃で仕留めようと崩拳をブロムに当てるが、ミンシアの発勁と同様にブロムには効かず、反撃を受ける。

 

ブロムは今の鳴海状況は『限界状況』だと言う。

「死や争い、苦しみの中で決して解決できない、不可避的状況をいうのだ。

『限界状況』を共に心に持った者同士が交わることで、本当の生き方を発見する道となる、らしいが。

この状況をどうにかする参考にはなりそうにもないなぁ。

交わるべき人間がそこに転がっていてはなぁ」

ブロムはそう言い、笑いながら鳴海に攻撃を加える。

 

鳴海は気がつく。

「俺の体はもっと違う戦い方をしたがっていたのにな。

俺はとっくに限界なんざ超えているさ」

そう言うと、鳴海の足、腕から機械部分が露出する。

「俺に祈る神はないが、お前を捧げる祭壇ならある!」

 

ブロムから雨のようなドリルが降り注がれるが、鳴海は足の車輪を回しそれを避ける。

 

そのまま壁を登り蹴り上げ、ブロムに近づく鳴海。

鳴海の肩から火が吹き出て、パンチをブースト。

これまでの攻撃はブロムには効かなかったが、この攻撃はブロムに効果あり。

「もう一度言おう、お前にこの限界状況は超えられない、お前が人間故にな!」

「超えるさ」

「オートマータがこの世に一匹もいなくなるまで!」

鳴海の腕はティンババティに、足はトーアとロッケンフィールドにもらったもの。

「お前は一人の人間と戦っているつもりだっただったようだが、俺は一人じゃなかったんだぜ」

「負けたよ、人間」

ブロムはそう言うと砕け散った。

 

外では阿紫花の血で動けなくなったパンタローネがいた。

阿紫花を殺そうとしたが、エレオノールの「これ以上人間を傷つけることは許さない」という命令で攻撃を反らした。

阿紫花はパンタローネに話しかける。

「わざと外したように見えたんですが…。あたしはオートマータには情があるもんなんざ、一匹もいないと思っていたもんで。」

「情けとはなんだ」

 

「他のヤツのことを考えて、優しくしてあげることですわ」

「ならば、私に命じたフランシーヌ様にそれがあったのだろう。ここに来る前にあの方はおっしゃった。『これ以上人間を傷つけな』と。だが、結局お前を傷つけた。私は命令を守ることができなかった。ようやく命を受けるべき本当のお方と出会えたというのに。もうどこにも帰れんわ。阿紫花よ、私にトドメを刺すがいい」

「だったら、今度こそご主人様の命令を守ってみたらどうなんだい。新しく生まれ変わったつもりでよ」

阿紫花はかすれた声でそう言うと、立ち去っていった。

 

オートマータがやってきて、動けなくなっているパンタローネを見ると「情けねぇぜ」と言って蹴り飛ばした。

「オートマータは皆あんなもんだな」と思うパンタローネ。

そんな時、パンタローネは麻痺が治っていることに気がつく。

「麻痺が治ったからと言って、私はどこへ行けばいい…。」

すると阿紫花の言葉が頭をよぎる。

 

ギイは大きな傷を負いながらも、オートマータを倒し続けていた。

それでもまだ沢山のオートマータが残っている。

フラフラになりながらもオリンピアを操るギイ。

脱出の算段を用意している阿紫花に、脱出の命令をする。

阿紫花はフウが用意した長足クラウン号を呼び出す。

長足クラウン号は鳴海、阿紫花、先生や子どもたち、そしてハリーを乗せ、出発する。

 

「オートマータは任せておけ」と鳴海と約束したギイにも限界が来て、ついに倒れてしまう。

そこにパンタローネが近づく。

「お前たち、この人間を殺すのか」と問うパンタローネ。

オートマータは「馬鹿か、当たり前だろう」と言いながら、ギイにトドメを刺そうとすると、パンタローネが手を向けた。

 

長足クラウン号に乗り、ギイのところまで来た鳴海。

するとそこではオートマータと戦うパンタローネの姿を目にする。

「なぜギイを助けた?」

「フランシーヌ様がそう命じられたからだ。もっとも、フェイスレス様はあの方をエレオノールと呼ぶが」

「なにぃ、エレオノールがてめえらと一緒にいるのか。今どこにいる」

「勘違いするな、すべてを話すつもりはない。フェイスレス様の不利になることを言うわけがないだろう」

「てめぇはどうなる」

「お前の知ったことではないわ。ほら、いけ」

後ろでは長足クラウン号が走り始めていた。

鳴海はクラウン号を追いかける。

 

パンタローネは「裏切り者!」と言われ、オートマータに襲われる。

善処していたパンタローネだが、その数に押されてしまう。

すると鳴海が戻ってきて、パンタローネに助太刀をする。

パンタローネを抱えて走る鳴海。

「先に乗れ!」とパンタローネを長足クラウン号に投げ込む。

今度は鳴海がオートマータに襲われ、長足クラウン号に乗れなくなるかと思ったその時。

長足クラウン号からパンタローネの手が伸びる。

長足クラウン号には鳴海、パンタローネが無事に乗り込み、脱出が成功。

今回のハリー奪取作戦は成功したが、ミンシアが瀕死、阿紫花が大怪我、そしてジョージが死亡、と大きな代償が伴った。

フウはそれを画面で見ながら言う。

「これで人類の希望が細々とだが繋がった。さて、さらわれた姫様を助けに行った小さいナイトはどうなったかのう」

切り替えられたディスプレイには、マサルが映されていた。

マサルとリーゼはしろがね(エレオノール)を助けるために、フェイスレスの飛行船に近づいていた。

考察・重要シーン/削除シーン

ブロム・ブロム・ローとの戦闘、パンタローネの葛藤、長足クラウン号での脱出とかなり原作に近い状態で描かれた。

法安はそもそも登場していないので仕方ないと見れば、削除されたシーンは殆ど無いかな。

法安とパンタローネが語るシーンでの、「ワシのサーカスに来るかよ?ん?」は結構好きなので残念だけど。

 

しっかり時間使われてブロムが語ってたし、戦闘も迫力もあったし。

パンタローネの葛藤もしっかり描かれていたし。

ここ3話は本当に面白いなぁ。

残り1クール12話。

原作の残り話数を考えても、もうハイペースにはらならないだろうし、削除されるシーンも少ないと思われる。

最終クールはかなり期待できそうだ。

 

まとめ

アニメ「からくりサーカス」第24話の感想を書いた。

第2クールの途中、見るのを止めようと思っていたが、ここまで我慢して見ていたかいがあった。

ここからしっかり描くために、今までの話は犠牲になったんだろうなぁ。

第3クールには大いに期待している!

 

アニメで「からくりサーカス」が気になった人は、アニメでは描かれていない魅力的なシーンが沢山あるので、ぜひ原作も読んで欲しい。

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

ウェブデザイナー
男 1983年生まれ
”コンパクトなデバイス”、”マンガ”、”メガネ”をこよなく愛する。
イラストの肩に乗ってるのはめそ…じゃなくてペットのフェレット2匹。